群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

足利市へダイワハウスで建てたお家の屋根と車庫屋根の色あせとサビの調査に行ってきました

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部係長/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

先日、足利市にて「自宅の屋根と車庫の屋根の塗装をしたい」とのお問合せをいただき、現場調査にお伺いしました。
今回のお家は大手ハウスメーカーのダイワハウス様で建てたお家の調査です!この記事では調査の様子とメンテナンス方法について紹介していきます。
ダイワハウスでお家を建てられた方は、ぜひ参考までご覧ください。

■スレート屋根の調査

今回のお家ではスレート屋根が使用されていました。
初めに南面の調査を行っていきますと、色あせが確認できました。
ダイワハウス 屋根の色あせ
もともと深いグレー色をしていたとお客様が仰っておりました。写真を見てわかるように部分的に薄くなっている状態が分かります。

次に北面を調査していきますと南面とは違って色あせはなく、コケの付着が確認できました。
ダイワハウス 屋根のコケ

屋根はお家の中でも紫外線の影響を一番受ける場所です。色あせは塗膜の劣化サインであり、塗装メンテナンスの初期段階の症状です。
もともと屋根自体には防水性がなく塗装が施されていることで屋根の防水性が発揮されています。
そのため、塗膜が劣化=屋根の防水性が低下しているという事を表しています。
この防水性がなくなると雨が降った時にお水をはじく力がなくなり、屋根がお水を吸収してコケや藻が発生します。
コケや藻は美観に関わるだけでなく、屋根を傷めてしまいます。
こう言った場合は、塗装工事前の高圧洗浄でしっかりとコケを落とし、塗装工事で屋根の防水性を高めて上げてあげましょう。

■車庫の折半屋根の調査

色あせとサビの確認ができました。
ダイワハウス 車庫屋根のサビ

お家の色あせのように紫外線の影響で表面の塗膜が劣化し、防水性が低下している状態です。
金属屋根は防水性が低下した状態で放置すると、紫外線や雨風の影響でサビが発生してしまうのです。
さらにサビを放置すると腐食がはじまり、やがて穴が開いてしまいます。
これでは雨漏りをしてしまうどころか、「どうぞ!雨漏りしてください!」と言っているような状態です。
腐食が進行して大掛かりな工事にならないように、塗装工事で屋根の防水効果を高めて上げましょう。

■屋根の色あせやコケの付着、金属屋根のサビが拡大する前に塗装をしましょう!

他にもお家全体を調査させていただきましたが異常な箇所はなく、無事に現場調査が終了しました。
後日、お客様のお家に合った屋根塗装工事お見積もり書を3プランご提出させていただくことになりました。
前述でもお伝えしたように屋根の色あせやコケの付着、そして金属屋根の場合にはサビの発生は塗装メンテナンス時期です。
早めに対処することでお家を長持ちさせることが出来ます。

積水ハウスやダイワハウス、トヨタホームなど大手ハウスメーカーの屋根塗装をご検討の方は、ミヤケンまでお気軽にご相談ください。
現場調査やお見積もり作成は全て無料でご案内しています。
塗料によっても特徴や耐久年数が変わりますので、調査時や見積もり内容のご案内をする際にしっかりとご説明させていただきます!

下記のオレンジ色のボタンより、24時間お見積もり依頼を受付しています。

いますぐ無料見積もりを申し込む


▼関連記事はこちらからご覧ください(タイトルを押すと該当のページに移動します)
【お問合せ急増!ハウスメーカーと塗装専門店に依頼した場合、どんな差があるの?】
ダイワハウスの経年劣化の特徴とメンテナンス塗装のポイントとは?】

▼関連動画もYouTubeにて配信中!

TOP