群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

沼田市にて屋根外壁・付帯部塗装の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部吉田
営業部 吉田

営業部/2019年入社/高崎市出身 お客様との出会いを大切に。大切なお家の塗替え工事のお手伝いを精一杯させていただきます。 以前は某バイク用品店の整備士から管理をしていた。趣味は、ドライブでアウトドアを楽しみたい。

先日、沼田市のお客様より、「うちはモニエル瓦なんだけど、屋根全体が汚れがいっぱいついちゃって」
と屋根の現場調査のお問い合わせをいただきました。

早速調査にお伺いしますと、コケがびっちり付着していました。
これは屋根表面の防水性が紫外線や雨風の影響で防水性が低下し、雨が降った時の薄いが日中に蒸発できず屋根にとどまってコケが発生します。
防水性が無くなった屋根は、塗装メンテナンスのサインでもありますのでしっかりと高圧洗浄で汚れを落とし、
塗装で防水性を高めてあげる必要があります。

今回、屋根の現場調査のお問い合わせをいただきましたが、
ミヤケンの現場調査では、該当箇所以外にも、お家の周りで何か不具合がないかを調査をしています。
今回のお家ではサイディング外壁が使用されていました。
すると、目地の小さなひび割れが確認できました。

横のひび割れは雨が上から伝ってきて、お水がひび割れに留まってしまうため、縦のひび割れよりも外壁からの雨漏りに繋がる確率がとても高くなります。
小さなひび割れではありますが、今回はひび割れ補修のご提案をすることになりました。

続いて雨樋の調査をしていきました。
すると、雨樋のチョーキング現象と支持金具のサビの発生が確認できました。 
このチョーキング現象は塗装メンテナンスの初期段階の劣化症状です。
幸い、金物部分のサビもそこまで腐食が進んでいなかったため、金具の交換ではなく塗装工事でご提案することになりました。

他にも付帯部の軒裏天井や破風板などの調査を行い、今回の現場調査が終了しました。
今回、お客様のご要望にて、屋根外壁塗装・付帯部の塗装工事を行うことになりました。

屋根・外壁塗装はお家を綺麗にする、色を変えるというだけでなく、お家を守ってくれる大切な工事です。
異変を感じたときは決して見過ごさず、しっかりとお家のメンテナンスを行いましょう。
「これはコケ?汚れ?どっちだ?」「見た目がよくない、どうしよう」と思ったとき、一度ミヤケンまでお問合せください。
細かくお家の状態を調査させていただきます。

無料お見積り依頼はこちら

TOP