群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

前橋市にて金属屋根の笠木からの雨漏り。現場調査に行ってきました

この記事を書いた人
営業部澤井
営業部 澤井

営業部/2014年入社/高崎市出身 お客様にミヤケンでやってよかったと思えるよう、屋根の上も細かく確認しお家が長持ちする最適なプランをご提案しています。ペットはウーパールーパーの「はせがわさん」と「まつざきさん」。

4月18日に雨漏りのお問い合わせをいただき、調査に行ってきました。
以前も雨漏りされていたとのことですが、この時の雨漏りは今まで以上だったとお聞きしました。
雨漏りしたのは2階の天井でした。


お水が天井にまわり、天井の下地がふやけてしまっていました。
天井の釘も天井を突き抜けてしまっていることから長年にわたってお水がまわっていることが分かります。

そこで真上にある屋根の確認を行いました。
笠木部分に釘が抜けて穴が開いてしまっている部分があり、ここからお水の侵入している可能性があります。

屋根の笠木部分の釘がなくなっているということは…
部材がしっかり固定されていないということでもあります。
このように簡単にめくることができてしまう状態では
これから台風や竜巻の際にめくれあがってしまい、飛んでしまうことも考えられます。

今回は応急処置としてコーキングで穴を埋めて様子をみることにしました。

こちらの応急処置は雨が室内に入らないようにするためのものであり、強風への対策ではありません。
最近も強風の日が数日続いていますので、しっかり補修工事をする必要があります。
お家をお水から守ることもそうですが、
近隣の方の安全を考えると飛ばされて運悪く歩行者や走行中の車両にぶつかってしまったら…と想像するとぞっとしますね。。。

屋根のことや高所の点検はなかなか確認しずらい部分ですから「なにかおかしいな‥」とおもったらお気軽にミヤケンへご相談ください!
最短、当日調査いたします。
※スケジュールにより数日お待ちいただくことがあります

TOP