群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

太田市にて外壁塗装・ひび割れの補修の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部係長/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

先日、太田市末広町にお住まいのお客様から「外壁のひび割れがあって補修してほしい」とのお問合せをいただき、
ご連絡をいただいた当日に現場調査へお伺いしました。

今回のお家ではモルタル外壁が使用されていました。
早速外壁の状態を確認していきますと、ひび割れからシミのようなものが滲み出ている状態が確認できました。
これはブリード現象と呼ばれるものです。
以前にもひび割れが発生して、ご自分で「シリコンコーキング」をホームセンターで購入して補修されたそうです。


このシミの正体はコーキングに含まれる油分です。
シリコンコーキングや外壁用ではないコーキングを使用すると、写真のようにシミ跡が外壁表面に出てきてしまうことがあります。
「外壁塗装すれば隠れるから大丈夫!」と思いたいのですが、このままでは新しく塗装しても同じようなシミが出てきてしまいます。
そこで、通常の外壁下塗り材を塗装する前に、専用の「逆プライマー」と呼ばれる塗料を使ってシミの上に塗布していきます。
ひと手間かかってしまいますが、きれいに仕上げるためにはとっても重要です!

続いては付帯部の軒裏天井に雨漏りのサインであるシミ跡がないかの調査を行いましたが、
こちらは問題ありませんでした!

続いて、雨樋の調査では色あせとチョーキング現象の確認できました。


チョーキング現象や色あせは、ただ見た目が悪いというだけでなく、塗装メンテナンス目安の初期劣化症状になるので、
お家の塗装工事や補修をご検討の際に、一緒に塗装をしてあげると良いでしょう。

他にもお家全体をぐるっと調査をして、今回の現場調査が全て終了しました。
後日、ひび割れ補修と外壁塗装工事のお見積り書をご提出・ご提案させていただくことになりました。

ミヤケンの現場調査ではお問合せをいただいた箇所以外も、お家全体を細かく調査させていただきます。
外壁塗装やひび割れ補修でお困りの方、またお家の事でお困りのことがあれば、いつでもミヤケンまでご相談ください!
下記のオレンジ色のボタンより24時間受付中です。

お見積り依頼はこちら

TOP