群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

前橋市にて棟瓦・漆喰補修の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部木暮
営業部アフター課 木暮

営業部法人課/2011年入社/前橋市出身 48歳でミヤケンに入社。前職の経験と二級建築士の資格を生かし、建物を細かく確認します。ミヤケンの宴会部長。

前橋市下長磯町にお住まいのお客様から、「訪問業者が来て瓦の補修をしたほうがいいと言われた」と、ミヤケンにお問合せをいただきました。
訪問した際、「ミヤケンさんは塗装とか家のことで有名だもんね」と大変ありがたいお声までいただきました!ありがとうございます…!

早速状態を見ていきますと、本来真っ直ぐに固定されている棟瓦が少しゆがんでいました。

棟瓦のゆがみは、地震や風・積雪などによる大きな力が加わる他に、瓦を固定している葺き土や漆喰に問題がある場合があります。
このまま漆喰に問題がないか確認していきますと、漆喰が欠けていました。

こちらは葺き土が見えますね。

逆光で少し見えにくくなってしまい、すみません…。

石炭が主成分で防水や接着の効果のある漆喰ですが、築7年~10年で劣化し始めます。
しかし、これは数値はあくまでもの目安となりますので、お家の立地環境にもよって左右されます。
今回のお家では経年劣化でひび割れが発生し、放置をして漆喰欠けてしまったのでしょう。
葺き土が見えてしまうと、雨降った際に雨水が入り込んで雨漏りの原因になったり、欠けた漆喰が雨樋に詰まり、水はけが悪くなってしまうことがあります。
瓦だけの問題が付帯部にまで被害が広がってしまうため、被害が大きくなる前に、漆喰補修で早めに対処をすることをオススメします。
幸い、今回のお家では雨漏りにも至っていなかったので、漆喰の補修でご提案させていただくことになりました。

普段の生活で、屋根をじっくり見るという機会は少ないとは思いますが、
雪が降る前に確認しておくのもお家を守る行動に繋がるかもしれませんよ!

「うちの瓦の状態も見てほしい。」「工事をしないかも…でも見てもらいたい」というは是非、ミヤケンまでお問合せ下さい。
お家の調査もお見積り作成も全て無料で行っています。
前橋市・高崎市・太田市など、群馬県の平野地帯でも、雪が降らないとは言い切れませんので、今の内に確認しておくと安心できますよ。

無料診断・お見積り依頼はコチラ

 

TOP