群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

太田市にて外壁のひび割れ・棟瓦の釘浮きが気になるというお問合せを頂き、現場調査に行ってきました

この記事を書いた人
清水啓太
清水 営業部

営業部/2019年入社/高崎市出身 お客様にご満足していただけるように精一杯努めさせていただきます。 趣味は野球・水泳。将来は世界一周旅行がしたい。

先日、太田市にお住まいのお客様から「外壁のひび割れと、瓦の釘が浮いている」とのお問合せをいただき、現場調査に行ってきました。
大切なお家に、ひび割れなどの症状見つかると大丈夫かな…と心配になりますよね。
少しでもお客様のお悩みを解決できるよう、今回は調査様子と適切なメンテナンス方法をお伝えしていきます!
屋根の調査
今回のお家では、陶器瓦が使用されています。お客様が気にされていた釘浮き部分を調査していきました。
棟瓦
皆さん分かりますか?もう少し近づいて見ていきました。
釘浮き
表面のコーキングが紫外線や雨風の影響で劣化し、釘が浮いていました。
釘浮きが発生すると屋根と棟瓦の間に隙間が発生し、そこから雨水が瓦の中へ侵入して雨漏りが起こります。
「これだけで雨漏りするの?」と思いますが、雨漏りは雨が降ってすぐに発生するものではないのです。
長い時間をかけてじわじわと屋根裏全体に広がって発生するのです。
今回の対策としては釘打ちを行い、さらに隙間に水が侵入しないようにコーキングを打ち込む必要があります。
一方、瓦全体にひび割れや欠けなどはなく問題ありませんでした!

外壁の調査
今回のお家では、1階と2階でデザインが異なるサイディング使用されています。
まずは1階の外壁から調査を行っていきますと、お客様が気にされている細かなひび割れが確認できました。
外壁ひび割れ
ひび割れにも危険の度合いがあり、今回は「ヘアクラック」と呼ばれる、ひび割れの規模の中でも小さなものでした。
しかし、だからと言って放置すると【爆裂現象】を起こすこともあります。
細かく説明するとクラック(ひび割れ)に雨水が浸水し、入り込んだお水が内部で凍ります。
その状態で日中など温かい気候になると、外壁内部の氷が溶けだし破裂してしまう現象です。
身近なもので例えると、氷の入ったコップに熱湯をかけると「パキッ」と割れるイメージです。
この現象が外壁で起こると破裂した衝撃で外壁も傷んでしまいます。そうすると、本来塗装工事で済むものも張替えになる場合があり、予定よりも費用が多く発生してしまう事があります。
ヘアクラックは塗装をすることで外壁に防水膜を作り、爆裂現象の発生を抑えることができます。

次に2階の外壁を調査しくと、わずかではありますがチョーキング現象が確認できました。
外壁チョーキング現象
このチョーキング現象は、紫外線の影響により外壁の塗膜が劣化している状態です。
外壁塗装の初期段階のメンテナンス目安です。
チョーキングが出たらすぐに塗装を!というわけではありませんが、早期段階で塗装をすることで劣化の進行を抑えることができます。

コーキングの調査
外壁目地のコーキングの状態も調査していきますと、ひび割れが確認できました。
コーキングひび割れ
ひび割れは、紫外線の影響や経年劣化が原因という事もありますが、地震など外部からの揺れによることも原因と言われています。
外壁の他にも、窓周りのコーキング部分も確認すると、こちらでは剥離が確認できました。
窓周りコーキング
剥離(はくり)は紫外線の影響に加え、プライマーと呼ばれる下地不足などの施工不良が原因と考えられます。
ひび割れも剥離(はくり)も放置したままにすると、雨が降った時に隙間に雨が侵入して雨漏りの可能性が高まります。
そのため、コーキングを撤去打ち替えし、さらにその上から塗装を施すことします。
この打ち替えを行うことで、お家の防水性と美観性を長期的に保つことが出来ます。

付帯部の調査
・幕板
つなぎ目にあるコーキングのひび割れを確認しました。
幕板 
こちらも、コーキングの項目でご説明した塗膜の劣化・地震の揺れが原因で発生します。
雨漏りを防ぐため、まずはコーキングの撤去打ち替えを行いその上から塗装を行い防水性を高める必要があります。
・水切りの調査
こちらでは、色あせが確認できました。
水切り 色褪せ
こちらも今までご紹介してきた症状と同じく、紫外線の影響によって塗膜が劣化している状態です。
色あせはチョーキング現象と同じくすぐに塗装しないとダメ!というわけではありません。
とはいえ、放置するとやがて塗膜も劣化していきますので早期段階で塗装をすることで劣化の進行を抑えることができます。

この他にも付帯部の調査を行い、今回の現場調査が終了しました。
過去に、付帯部のメンテナンスと劣化症状について紹介している記事がありますので、是非こちらもご覧ください。
【外壁塗装とオススメしている付帯部メンテナンスと劣化症状】

普段の生活の中で、お家の状態をしっかり確認する機会はなかなかないでしょう。
ハウスメーカーで建てたお家のお客様からは「10年点検の時に、外壁塗装と言われた」という事をよく耳にします。
その他にも「訪問業者さんが来て言われた」「隣の家が塗装をしていたから」と様々なきっかけで塗替えを検討する方がいらっしゃいます。
そんな時は、塗装専門店のミヤケンまでご相談ください。
「家の状態だけ見てほしい」、「工事しないかもしれないけど見積もりだけ」という方でも大歓迎です!

下記のオレンジ色のボタンから、お見積り・現場調査を24時間受付しています。

 

無料お見積り依頼はこちら

TOP