群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

屋根からの雨漏りだけじゃない!?雨漏りの考えられる原因とコーキング対策

この記事を書いた人
営業部星野
営業部 星野

営業部/2005年入社/前橋市出身 塗装職人から優しい人柄を生かす営業部へ。細かな部分の劣化も見逃しません。特技は雨漏りを直すこと。無類の甘党。

「雨漏り」と聞くと、パッと思いつくのは「屋根からの雨漏り」ですよね。
実は屋根からだけではなく、外壁からも雨漏りが発生するって知っていましたか?
今回は外壁雨漏りの考えられる原因と対策についてご紹介していきます。

どの外壁材でも共通して言える雨漏りする箇所は、「窓・サッシ」です。
その廻りに充填(じゅうてん)されているコーキング材が経年劣化で傷んできたり、
サッシを固定している釘やビスなどが緩んだり、変形してしまうことで雨水が浸入してきます。

しっかりとコーキングを打ち込んで、雨の侵入を防ぐ対策を行いましょう。
窓のコーキングのDIYの費用をプロ業者と比較-リフォらん

次に、地震が起きたときや経年劣化によって発生する「ひび割れ」です。
「クラック」とも呼ばれており、どの外壁材に発生しますが、主にモルタル外壁に起こる事が多い現象です。

「縦のひび割れ」と「横のひび割れ」、そしてひび割れの大きさによっての被害の危険性がありますが、
見た目が悪い・雨漏りの侵入をするという事には変わりませんので、コーキングでひび割れ補修を行いましょう。

白河市】モルタル外壁のひび割れ補修(南郷) - 白河市、西郷村、泉崎村 ...
最後にコーキング目地の破断やひび割れによる雨漏りです。
主にサイディング也ALCなどで起こる現象です。
サイディングの場合、紫外線や雨風の影響でコーキングが劣化し、雨が外壁内部に侵入します。


外壁の内部には防水シートというものがあり、すぐに雨漏りをするわけではありません。
しかし、長い時間をかけて防水シートも劣化していきます。
防水シートが劣化すると雨漏りを引き起こしますので、既存のコーキングを撤去し、新しいコーキングを打ち込み、雨の侵入を防ぎましょう。

ALCの目地のひび割れは特に要注意です。
ALCパネルの特徴と外壁塗装のメンテナンスの基礎知識 | 苫小牧市・千歳 ...
軽量コンクリートでできているALCの中に小さな気泡がたくさん入っており、スポンジのようなつくりをしています。
そのため、ひび割れが起きた時にそこから雨が侵入して雨漏りするほかに、お水を吸収して外壁が脆(もろ)く、崩れやすくなってしまいます。
ALCの場合はサイディングとは違い、既存のコーキングを撤去するのではなく、
「増し打ち」という目地の上から打ち込んでいく方法で雨の侵入を防ぎましょう。

いかがでしたでしょうか。雨漏りの原因と対策についてご紹介いたしました。
塗装をすることによって、耐久性も良くなりますので、外壁の補修をする際は塗装工事も一緒に行いましょう。

「うちの家は大丈夫かな」「こんなことがあるけど見てもらいたい」
「工事をするか分からないけど見てもらうだけ」という方でも大歓迎です!
ぜひミヤケンまでお気軽にお問合せください!

 

お見積り依頼はこちら

TOP