群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

館林市足次町にてアイフルホームの屋根外壁塗装のお見積もり・現場調査へ行ってきました

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部課長/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

館林市足次町のアイフルホームでお家を建てたお客様から、「屋根外壁塗装の見積もりをしてほしい」とお問い合わせをいただき、現場調査へいってきました。

早速屋根の状態を確認していくと、全体的な色あせと部分的にコケの付着が確認できました。

屋根の色あせ
色あせは紫外線の影響で屋根の表面の塗膜が劣化している状態です。
屋根にはもともと塗膜があることによって、雨を弾く防水性が保たれています。
しかし、この防水性が劣化しているということは屋根の防水がなくなり、屋根にお水が溜まりやすくなっている状態になっているのです。
特に、スレート屋根の場合はお水を吸収しやすいため、よりコケが生えやすい環境になっています。
このままコケを放置すると、見た目だけでなく屋根自体も傷めてしまいますので、高圧洗浄できれいにコケを除去して塗装をしてあげることを推奨します。

別の方向から調査してきますと、屋根と屋根の間にある棟板金が前提的にサビていました。

棟板金
こちらも紫外線や雨風の影響によって塗膜が劣化している状態です。
サビはコケと違って放置してしまうと、腐食して穴が開いてしまう危険性があります。
穴が開けば、雨が侵入して100%雨漏りつながってしまいますので早めにメンテナンスするとよいでしょう。
ミヤケンではお客様の予算に応じて、塗装か棟板金の交換をご提案させていただきます。

次に外壁の調査を行っていきますと、塗膜の劣化サインであるチョーキング現象が確認できました。
外壁
このチョーキング現象は「白亜化現象」とも呼ばれ、紫外線によって外壁表面の塗膜が劣化したものです。
外壁塗装の初期段階のメンテナンス症状であることから、緊急性の高い症状ではありませんが、早めのメンテナンスを行うことでよりお家を長持ちさせることが出来ます。

次に他の外壁面の調査をしていきますと、縦にひび割れが確認できました。
ひび割れ
ひび割れを放置してしまうと、長い時間をかけて雨水がじわじわとお家の長へ広がっていき、お家の躯体(くたい)を傷めて雨漏りが発生します。
今回のひび割れは比較的規模の小さいものでしたので、専用のコーキングで補修をして上から塗装で膜を作ることを推奨します。

次に外壁目地のコーキングを調査していきますと、コーキングが切れて中の防水シートが見えている状態が確認できました。
コーキング

コーキングは10年ほどで紫外線によって劣化していきます。
劣化していると雨が侵入してしまうので早く修理しないと!と思う方が多いですが、最初のうちはコーキングしたの防水シートが雨の侵入を防いでくれます。
しかし、今回のお家では防水シートが劣化しているため、早めのメンテナンスが必要です。
防水シートを変えるとなると外壁をはがして、新しい外壁材を張ってと大掛かりな作業・工事費用が高くなってしまいます。
そのため、こういった場合は既存のコーキングを撤去して新しいコーキングを打ち込んでいく方法を推奨します。

次に雨樋・破風板の調査をしていくと、破風板の表面の塗膜がはがれていました。
破風板
屋根外壁と同じく、こちらも紫外線や雨風によってはがれてしまうのです。
塗膜がはがれている部分は防水性が低下しているため、お水を吸い込みやすい状態です。
特に木部はお水を吸い込みすぎると腐食が始まり、放置すると全体がもろくなって崩れる危険性があります。
現状では腐食も始まっていないので、防水性を高めるために塗装工事を推奨します。

この他にもお家全体の調査を行い、今回の現場調査が終了しました。
後日、お客様に屋根外壁塗装・その他付帯部の塗装工事のお見積もり書を3プランご提案をさせていただくことになりました。
塗装工事は決してお安い買い物ではありません。
だからこそ慎重により適切な工事をしてくれる業者に依頼することが大切です。
「色あせが気になるけど塗装したほうがいいかな?」「ハウスメーカーの点検で見積もりをもらったけど高くて悩んでいる」など、今塗替え工事でお悩みの方はミヤケンまでご相談ください。
下記のオレンジ色のボタンより24時間、ご相談を承ります。

いますぐ無料見積もりを申し込む

【この記事を読んだ方にオススメ】
壁を触ると白い粉が付く..塗装の劣化サインかも?!
ミヤケンが選ばれる理由

TOP