群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

前橋市総社町にて2回目の屋根塗装工事前の現場調査に行ってきました!

この記事を書いた人
西原真樹
営業部 西原

営業部/2021年入社/前橋市出身 サッカー大好きな熱血営業部。実は個人でYouTubeも運営...!?とにかくお客様と接することが大好き。さわやか笑顔でお客様のご要望をしっかりお伺いします!

こんにちは!ミヤケン営業部の西原です。
今回もブログをご覧下さりありがとうございます!

さて本日は・・・・
前橋市総社町にある【屋根のメンテナンス】を考えているお客様のところへ、現場調査にお伺いしました。

18年前に塗装をされていて、色あせてきたとのことで今回お問い合わせをいただきました。
お客様のご期待にお応えできるように、誠心誠意対応したします。

■屋根の調査

早速、屋根を見て行きましょう!
屋根材は、【スレート瓦】が使用されていました。厚さが4.5mm主成分が85%セメントでできている軽量型の屋根です。
まず初めに南面を調査していくと、屋根全体的に、色あせが確認できました。
屋根南面
屋根はお家の中でも一番紫外線・雨風の影響を受ける場所です。
そのため、どうしても色あせが目立ってしまいます…
また、色あせは屋根表面の塗膜が劣化してるサインでもあります。
このまま放置すると、屋根に汚れが付きやすくなったり、湿気がたまってコケが出来たりなど状態が悪化します。
まずは屋根全体を高圧洗浄で汚れを洗い流し、塗装工事を行いましょう。
早めの対策をすることで、お家をキレイに保つことができます。

このまま、東面・西面・北面の屋根を調査していくと、コケ・藻の付着が確認できました。

■東面の屋根

屋根東面

■西面の屋根
屋根西面
■北面の屋根

屋根北面

コケ・藻の付着は、紫外線や雨風の影響で屋根表面の防水性が低下している状態です。
特に北面は、昼間に紫外線が多く当たる南面とは異なり、日照時間が少ないため日中に蒸発できず防水性が低下した屋根にお水がたまり、コケ・藻が屋根に発生してしまいます。
お水を含んだ屋根を放置すると内部まで湿気が行き、内部の防水シートや木材まで腐ってしまいます。
さらに、本来塗装工事で済むところが、カバー工事や葺き替え工事が必要になり費用も掛かってきます…
早めのメンテナンスが、費用も安くお家を長持ちさせる秘訣になります。
ただ、自分で屋根の状態を確認するのは、高所のため怪我をする恐れがありますので業者に屋根の状態を確認してもらいましょう。
屋根以外にも外壁や付帯部などお家の周りを確認し、今回の現場調査が全て終了しました。
後日、屋根塗装の塗料別プランを3つご案内することになりました。

「自分のお家は大丈夫かな?」「見積もりだけほしいという方も一度ミヤケンまでご相談ください!
屋根外壁塗装はただ色を塗り替えるだけでなく、お家を長持ちするためのメンテナンスです。
お客様の大切なお家をこれからも長持ちさせるために、しっかりとメンテナスを行いましょう。
現場調査・お見積もり作成は完全無料!見積もり後のキャンセル費用もかかりませんので、お気軽にご相談ください。

▼WEB申し込みは24時間受付中!(深夜のお問い合わせもOK!)▼

無料相談・お問い合わせを申し込む

 

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-286-440
前橋店【027-289-3838

高崎店【027-384-3939
太田店【0276-57-6969
※受付時間9:00~18:00

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

TOP