群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

前橋市にて外壁のひび割れ・棟瓦修繕の調査に行ってきました

この記事を書いた人
営業部伊藤
営業部 伊藤

営業部/2020年入社/太田市出身 生産会社に約8年間勤めてミヤケンへ入社。 真面目な性格でお客様のご要望をしっかりとお伺いします! 趣味はウォーキングで、特技は野球。

今回は、前橋市のお客様より「外壁のひび割れが気になる」とのお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。

外壁の調査

今回のお家ではモルタル外壁が使用されていました。
早速調査を始めていくと、ブリード現象が確認できました。

このブリード現象とはコーキング剤に含まれる「可塑剤(かそざい)」という添加物が、経年や塗料や外壁の汚れなどに反応することで、黒いシミのような形で表面に出てきてしまう現象です。
ちなみに可塑剤(かそざい)とは、輪ゴムなどにも使用されている添加物で、コーキング剤に柔軟性を与える大切な役割を持っています。

このフリード現象を防ぐにためには、「ノンブリードタイプ」のコーキングを使用することと、「逆プライマー」や「ブリードオフプライマー」という可逆剤移行防止プライマーを塗布することでブリードを防止することができます。
このような工程を行わないで上から新しい塗料を塗り重ねると、ひび割れのようなシミが出てきてしまいますので必ず行う必要があります!

屋根の調査

今回のお家では瓦屋根が使用されていました。
瓦屋根は塗装によるメンテナンスが不要ですが、瓦のズレや漆喰の欠けなどがないか確認していきました。

ズレや割れもなく、問題ありません!と思いきや、何か棟瓦に異変を感じたのでもう少し近づいて見ていきました。
すると、銅線がゆるみ棟瓦のズレが確認できました。

これは地震による影響でズレてしまった可能性が高いですね。

横から見るとわかりやすいですね!
このまま放置してしまうと、瓦が落下する危険性があります。
さらに雨が降った際に隙間から雨が侵入して雨漏りを引き起こす可能性もあるので棟瓦の組み直しを行い、雨漏りの発生を防ぐ必要があります。

他にもお家の付帯部の調査を行い、今回の現場調査が全て終了しました。
後日、外壁塗装と棟瓦の補修をご提案させていただくことになりました!

ミヤケンの現場調査では、お問合せを頂いた箇所以外の調査も行っています。
お家の事でお困りのことがあれば、いつでもミヤケンまでご相談ください!
下記のオレンジ色のボタンより24時間受付しています。

お見積り依頼はこちら

TOP