群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

太田市にてシートのたるみが気になるとのことで屋上防水の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部滝川
営業部 滝川

営業部/2016年入社/愛知県新城市出身 18歳でミヤケンに飛び込み、工事部を経て営業部へ。工事部で生かした経験からお家の劣化に合わせた修繕工事をご提案します。童顔が悩み。

先日、太田市富若町にお住まいのお客様より、
「屋上の防水シートがたるんでいる」とのお問合せをいただき、現場調査に伺いました。

遠くからでも分かるくらいに、防水シートがたるんでいました。

近づいて確認するとシートが浮いてしまっています…。

立ち上がりの部分のシートが切れてしまっています。

笠木のつなぎ目にはコーキングの形跡がありますが、はがれてしまっています。


隙間から雨水が入り、シート防水の裏側に水が回って全体の剥がれの原因になったのかもしれません。

続いて屋上に溜まったお水を集めて地上に流してくれる役割のある、
ドレンの詰まりがないか、カバーを外して確認してみましたが、こちらは問題ありませんでした。

最後にもう一度全体を細かく調査していきますと、
屋上のちょうど真ん中の位置に、シートの亀裂が確認できました。

笠木部分だけでなく屋上防水シート全体が劣化しているため張替えのご提案をさせていただくことになりました。

防水シートのはがれを放置してしまうと、さらにシートがめくれた範囲が広がりますし、
強風が吹いた日では、シートが飛んで周りのお家に被害が及ぶ可能性もあります。
そうならないためにも、決して放置せず、異変を感じたときはミヤケンまでご相談ください。
「何もないかもしれないけどいいの?」「見てもらうだけで工事はお願いしないかも」という方でも大歓迎です!

お見積り依頼はこちら

TOP