群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

養生作業の必要性

外壁塗装において、塗料を塗ったりするうえで一番重要なことは、養生です。養生とは、塗料が飛んだりたれたりして建物を汚さないように、色を付けたくないところを塗装前に専用の養生シートやマスキングテープなどで覆うことです。マス…

外壁塗装が2度塗りではいけない理由

外壁塗装では、下塗りと中塗り、上塗りの3度塗りが基本になっています。どうして2度塗りではいけないのかというと、3回の重ね塗りを怠ると耐久性に問題が起きたり、塗料の良さを発揮できないことがあるからです。下塗りに使う塗料は…

足場を組んだら一気に塗装するべき理由

外壁塗装をする時には、必ず足場を組む必要があります。この時、せっかく足場を組むのであれば、外壁と屋根の塗装は一気にしてしまうことをおすすめします。足場を組む工事の時には、家の周囲をシートで覆いますので家の中も普段より暗…

屋根材の種類と特徴〜金属系〜

主な屋根の素材にはスレート系、粘土系、セメント系、金属系などがありますが、これらの素材にはそれぞれメリット、デメリットがあり、建物構造やお客様の要望に合わせて選ばれることになります。今回は金属系の屋根材の特徴について、…

屋根材の種類と特徴〜スレート系〜

主な屋根材にはスレート系、粘土系、セメント系、金属系があり、用途に合わせて使い分けされています。今回はこれらの屋根材の中から、スレート系に的を絞って説明してみます。スレート系の素材には天然のものと人造のものがあり、天然…

屋根材の種類と特徴〜セメント系瓦〜

セメント瓦はセメントと砂を原料とした瓦になります。材料などからもわかるように、従来の日本瓦よりは安価であることが特徴です。しかし、安価である分、適切にメンテナンスをしていなくては劣化も早くなってしまうことが特徴です。ま…

屋根材の種類と特徴〜粘土系瓦〜

瓦は日本建築で伝統的に使われてきた屋根材で、粘土を高温で焼いて造ります。通常、瓦と入った場合は、この粘土系を指すことが多く、洋瓦も形こそ違いますが製法は同じです。瓦の表面は釉薬(うわぐすり)と無釉(むゆう)の種類があり…

雨どいの素材や形状、点検のタイミング

雨どいは定期的なメンテナンスで、適切な修理や修繕を行いましょう。壊れていなければ修理や修繕の必要性を実感しにくいものの、現実には枯葉が詰まってしまっていたり、詰まった枯葉が腐葉土と化して、実質的に排水が不可能になってい…

雨どいの役割とその性能

雨どいにはとても大切な役割がありますので、壊れてしまった場合には、早く直すようにしなくてはなりません。雨どいの役割としては、屋根の雨水を集め、地上に流すようになっています。そのため、しっかりと流れるように設置しなければ…

屋根塗装を一緒に行うべき理由

外壁の補修や塗装は大掛かりな工事になりますので、その時には、屋根塗装も一緒に行うことをおすすめします。その理由は、外壁と同じように、屋根も塗り替えと補修が必要な時期に来ていることがほとんどだからです。新築住宅の場合、も…
TOP