群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

外壁塗装でローンを組むメリット・デメリットは?利用する際の注意点も解説

電卓と家
「外壁塗装の際にローンを組むとどんなメリットとデメリットがあるだろうか」

「外壁塗装でローンを利用する際の注意点が知りたい」

 

外壁塗装を計画している方で、予算に不安がある場合はこのようにローンについてお悩みになることもあるでしょう。

ローンを利用すると工事が行える半面、どのようなデメリットが発生するか気になることでしょう。

そこで、本記事では外壁塗装の際のローン利用について、以下のような情報を解説していきます。

 

  • ローンを組むメリットとデメリット
  • どんなローン形態を選べばいいのか
  • リフォームローンと住宅ローンの違い
  • 外壁塗装でローンを組む際の注意点

 

記事を最後まで読んでいただければ、外壁塗装でのローン利用についてより詳しく知れます。

ローンを組んで塗装工事をしようかお悩みの方は、ぜひチェックして参考になさってみてください。

 

ローンを組んで外壁塗装をするメリットとデメリット

ローン
外壁塗装をする際に、ローンを利用するメリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

メリットだけでなくデメリットも確認することで、トラブルの発生率を下げやすくなります。

 

メリット

メリット
ローンを組んで外壁塗装をするメリットは、主に以下の3つです。

 

  • 初期費用がかからず工事ができる
  • 破損や劣化をすぐに補修できる
  • 減税措置が受けられる

 

それぞれのメリットの詳しい内容を、以下で解説していきます。

 

初期費用がかからずに塗装工事ができる

ローンを利用すると、初期費用がかからず工事が行えるという点が大きなメリットです。

手元のお金を減らさずに塗装工事ができるので、安心感も高いです。

 

破損や劣化をすぐに補修できる

外壁塗装の予算がなくても、ローンを利用すれば外壁の破損や劣化などの補修を諦めずに行えます。

外壁に不具合が発生していても、予算が足りないからと放置してしまうケースもあります。

しかし、外壁の破損や劣化は放置すればするほど悪化してしまうのです。

そのため、ローンを組んで施工費用を得られれば、住宅の耐久性が低下する前に工事が行えます。

 

減税措置が受けられる

住宅ローンを利用すると、減税措置を受けられるため出費を抑えられます。

住宅ローン減税では、年末のローン残高の1%を所得税から控除できます。

ただし、1%の控除率は2021年12月31日までに対象となる住宅に入居した方なので注意が必要です。

それ以降のローン減税は控除率や期間が変わっているため随時チェックするようにしましょう。

マンションやアパートの外壁を塗装する際も、場合によっては税金対策ができることがあります。
詳しくは「外壁塗装のローン控除について紹介」で解説しています。

 

デメリット

デメリット
ローンを利用して外壁塗装をするデメリットは、以下の2つです。

 

  • 総支払額が増えてしまう
  • ローンを利用できない業者がある

 

それぞれのデメリットの内容を、以下で詳しく解説していきます。

 

総支払額が増えてしまう

一般的に、ローンを組むと金利がかかるため、塗装工事の総支払額は増えてしまいます。

総支払額は増えてしまいますが、初期費用をあまりかけられないという方で早急に塗装工事が必要な場合はローンの利用がおすすめです。

ローンを組む際は、できるだけ金利が安い金融機関を選ぶようにしましょう。

 

ローンを利用できない業者がある

塗装業者によっては、費用の支払いにローンを利用できない場合があります。

ローンを組んで工事を行う予定の方は、あらかじめ業者に利用可能かどうかを確認しておきましょう。

 

外壁塗装ではどんなローン形態を選べばいいのか

メモ
ローンを組んで外壁塗装をする際は、以下のようなポイントを押さえて形態を選ぶようにしましょう。

 

  • 借入先に追加融資を相談する
  • 無担保ローンを検討する

 

それぞれの詳しい内容を、以下で解説します。

 

借り入れている住宅ローンがあれば追加融資を相談する

お札
すでに、借り入れている住宅ローンがあれば同じ金融機関に追加融資を相談すると、金利優遇を受けられる場合があります。

金利優遇とは、一定の条件をクリアした場合に基準の金利よりも低く借り入れできる制度です。

 

住宅ローンをすでに借り入れている方は、借入先の金融機関に金利優遇制度があるのかや、受けるための条件などを確認してみましょう。

 

できるだけ早く融資を受けたい場合は「無担保ローン」を検討する

早急に外壁塗装を行いたい場合は、無担保ローンを組むと有担保よりも早く融資が受けられるケースが多いです。

無担保ローンは担保が不要なので、審査時間が短いというメリットがあります。

ただし、有担保ローンよりも金利が高くなるというデメリットもあるので、必ず詳細を確認しておきましょう。

 

リフォームローンと住宅ローンの違い

通帳
リフォームローンと住宅ローンは、借り入れ目的によってどちらを選ぶかが決まります。

リフォームローンは、住宅改修のために必要な費用を借りるための商品です。

住宅ローンは住宅を購入するための資金を借りるための商品ではありますが、リフォーム費用のために利用することも可能です。

 

一般的に、住宅ローンよりもリフォームローンの方が金利が高くなる傾向にあります。

また、リフォームローンの方が限度額が低く、返済期間も短いケースが多いです。

 

そのため、リフォームにかかる費用が高額の場合は、住宅ローンを選ぶと安心です。

 

外壁塗装でローンを組む際の注意点

電卓とデータ
外壁塗装を行う際にローンを利用したい場合は、以下の4つの点に注意しておくようにしましょう。

 

  • 必ず審査に通過するわけではない
  • 返済が長引くと支払い総額も増える
  • 金利タイプの違いも確認しておく
  • 年齢によって返済期間に制限がある

 

それぞれの注意点の内容を、詳しく解説していきます。

 

必ずローンの審査が通過するわけではない

通帳2
ローンを申し込んでも、状況によっては組めない場合があります。

審査をクリアする条件は金融機関によって異なるため、ご友人やお知り合いの方が通過したからといって同じように組めるわけではありません。

 

特に、現在収入がゼロの方は返済能力がないと判断されてローンを断られる可能性が高いため、注意が必要です。

保証人をつけたり、一定額の預金があれば提示したりして、返済能力に問題がない旨を伝えるとローン審査が通過しやすくなる場合もあります。

 

塗装費用の補助が受けられる制度について、「外壁塗装の助成金について紹介」で解説しています。

 

返済期間を長くすれば支払い総額は増える

電卓と家3
返済期間を長くすると、そのぶん金利がかかり支払額が増えてしまうため、何年で払い終えるとよいかよく検討しておきましょう。

 

以下の表にて、返済期間が5年間と10年間の場合に分けて返済シミュレーションをした際の事例を紹介します。

借入金の額は100万円で、金利が0.8%(固定金利)の場合です。

上記の場合、10年間で返済すると、5年間のときよりも2万円ほど高くなります。

そのため、ローンは短期間で返済した方がお得です。

 

ただし、返済期間が短いと毎月の支払い額が高くなるため、生活費が圧迫されすぎないように返済計画を立てておきましょう。

 

金利タイプの違いを確認しておく

家とデータ3
ローンの金利には、「固定金利」と「変動金利」があるため、それぞれの特徴を確認して選ぶようにしましょう。

 

固定金利は、借入時の金利と同じ額で固定されているため、返済計画が立てやすくなる点がメリットです。

ただし、市場金利が下がった場合でも金利が変動することはないので、損をする可能性があります。

 

変動金利では、市場金利に合わせて金利が設定されるため、状況によっては返済額が減ったり、増えたりします。

市場金利が安いうちは返済額が少なくて済みますが、高くなると負担が増えることになるのです。

また、金利が変動するため返済計画を立てることが難しくもなります。

 

預貯金額や収入額が安定しており、金利が多少変わっても対応できる場合は返済額が減る可能性もある変動金利を選ぶのもよいでしょう。

しかし、返済計画をしっかりと立てておきたいという方は、固定金利の方が安心です。

 

申込時の年齢によっては返済期間に制限が設けられる

女性
ローンの申し込みをする際の年齢が高いのであれば、返済期間が短くなる場合もあります。

金融機関にとって、高齢の方が借り入れた場合に最後まできちんと返済できるか不安になるものです。

 

返済期間が短くなるということは、毎月の支払い額も高額になりやすいです。

そのため、年齢が高い方は返済時のシミュレーションを行い、よく検討してから借り入れましょう。

 

外壁塗装でローンを組む際は無理のない範囲で利用しよう

電卓と人形
外壁塗装の際に予算に不安があれば、ローンを利用して施工することをおすすめします。

外壁の不具合を放置すると、さらに状況が悪化して、塗装するよりも高額な補修費用がかかる可能性もあります。

 

そのため、外壁の塗り替えタイミングが訪れたら、早めにメンテナンスするようにしましょう。

ただし、ローンを組むと返済期間は生活費を削ることになるため、無理のない範囲で利用するようにしましょう。

 

【こちらの記事を読んだ方にオススメ】
外壁塗装のローン控除について紹介
外壁塗装の助成金について紹介

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-286-440
前橋店【027-289-3838

高崎店【027-384-3939
太田店【0276-57-6969
※受付時間9:00~18:00

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

▼WEB申し込みは24時間受付中!(深夜のお問い合わせもOK!)▼

無料相談・お問い合わせを申し込む

TOP