群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

屋根塗装に適した時期とは?工事におすすめの季節や注意すべき劣化症状を紹介

屋根塗装
「屋根塗装の適した時期が知りたい」

「屋根塗装が必要となる劣化症状が知りたい」

 

前回の屋根塗装から時間が経つと、上記のようにお悩みになる方も多くいらっしゃるでしょう。

屋根塗装のタイミングを逃すと、さまざまな問題が起こるため適切な時期に施工する必要があります。

この記事では、屋根塗装の時期について以下のような内容を解説していきます。

 

  • 屋根塗装を行う時期の見分け方
  • 時期を逃すと起こりうる問題
  • 屋根塗装におすすめの季節
  • 屋根塗装の時期を延ばすコツ

 

記事を最後まで確認いただければ、屋根塗装のタイミングを掴めて、トラブルの発生を防ぎやすくなります。

ぜひ、最後までご覧になり、屋根塗装はいつ行うべきかの参考になさってみてください。

 

屋根塗装を行う時期の見分けかた

カレンダー
屋根塗装は、一般的に10年前後を目安に行います。

ただし、「施工している塗料の耐用年数」と「屋根の劣化症状」によって実際の塗装タイミングは異なってきます。

以下にて、それぞれのタイミングについて詳しく解説しましょう。

 

施工している塗料の耐用年数で見分ける

家とローラー11
現在、屋根に施工している塗料の耐用年数によって、次の塗装タイミングが変わります。

耐用年数が長ければ、そのぶん塗り替え時期も延びます。

以下にて、屋根に塗装する塗料のタイプ別に耐用年数を一覧表にしてまとめたので、ぜひチェックしてみてください。
施工している塗料の耐用年数で見分ける

屋根に施工している塗料はどのタイプかを確認して、次回の塗り替え時期を把握しておきましょう。

 

塗料の耐用年数について、「屋根塗装の寿命はどれくらい?塗料の耐用年数や長持ちさせるコツも紹介」でも詳しく解説しています。

 

屋根の劣化症状で見分ける

屋根瓦
以下の4つのような劣化症状があらわれたら、屋根塗装が必要であるというサインです。

 

  • 色あせ
  • はがれ
  • ひび割れ
  • サビ

 

ただし、屋根材自体の破損は塗装では補修できないため、早めに専門業者に修理を依頼するようにしましょう。

以下にて、塗装で補修できる屋根の劣化症状をそれぞれ詳しく解説していきます。

 

色あせ

色あせ
紫外線や風雨の刺激により、屋根の表面は徐々に色あせていきます。

塗装面の色あせは塗料の劣化が進んでいる状態なので、塗り替えを検討するタイミングです。

緊急性は低いですが、美観の維持のためにも塗り替えることをおすすめします。

 

はがれ

屋根 塗膜のはがれ
経年によって屋根の塗装面が剥がれてきます。

剥がれが発生すると、雨が屋根材の下地に直接触れることもあるため、劣化の促進や破損の危険性が増します。

屋根材の防水性を維持するためにも、塗り替えが必要です。

 

ひび割れ

屋根 ひび割れ
経年や外的刺激によって、塗装面がひび割れてきます。

幅が細いひび割れでも、放置すると拡大して内部に雨水が浸入する可能性があります。

破損や雨漏りの原因になるため、補修する必要があります。

 

サビ

金属屋根 サビ
金属素材の屋根にはサビが発生しやすいです。

放置すると屋根材が破損する原因となるため、塗装して補修を行います。

また、塗装をすることでサビから屋根材を守り、屋根の美観も維持できます。

 

屋根塗装に適した時期を逃すと起こりうる問題

家とローラー11
屋根塗装の適した時期を逃して放置すると、劣化が進行して雨漏りや内部の腐食などが起こりやすくなります。

雨漏りや内部の腐食は、住宅全体の寿命を短くする原因にもなるため、タイミングがきたら早めに屋根塗装をすることをおすすめします。

 

もし、屋根塗装のタイミングを逃して住宅に甚大な被害が出てしまうと、塗装費用の何倍もの補修費用がかかる可能性が高いです。

無駄な出費を避けるためにも、屋根塗装は劣化や破損が悪化する前に行うようにしましょう。

 

屋根塗装におすすめの季節

劣化した屋根
屋根塗装におすすめの季節は、「春」や「秋」となります。

理由は、気温や天候が安定しているため、工事が遅延しにくいためです。

 

屋根塗装に適した温度は5度以上で、湿度は85%未満です。

このことから、気候が安定している春や秋が塗装に向いているといえます。

ただし、塗装工事が行いやすい時期は依頼が増えるため、業者によっては施工費用を高めに設定している場合があります。

 

反対に、「夏」や「冬」が屋根塗装に向いていない理由は、台風が発生しやすかったり、雪が降ったりするためです。

台風や雪の影響で工事が遅延してしまう可能性が高いです。

また、気温が低すぎたり、湿度が高すぎたりする場合もあります。

 

夏は閑散期とまではいきませんが、冬は塗装業者の閑散期となりやすいので、場合によっては施工費用の割引を受けられるケースもあります。

屋根塗装を行う季節は、工事の遅延を避けるのか、費用を抑えるのかで検討するとよいでしょう。

 

屋根塗装の時期をできるだけ延ばすコツ

カレンダーとローラー
屋根塗装の時期をできるだけ延ばすためのコツは、主に以下の3つです。

 

  • 耐久性に優れた塗料を選ぶ
  • メンテナンスを欠かさず行う
  • 施工が丁寧な優良業者に依頼する

 

上記のコツを押さえておくことで、屋根塗装を長持ちさせて、長い目で見ると施工費用を安くできるでしょう。

以下にて、それぞれの内容を詳しく紹介していきます。

 

耐久性に優れた塗料を選ぶ

屋根とローラー
耐久性に優れた塗料を選ぶことで、塗装時期を延ばせます。

屋根塗装で使用される塗料タイプで耐用年数が長いのは、フッ素塗料や無機塗料などです。

 

そのため、塗り替え時期を少しでも延ばしたい場合は、どちらかの塗料を選ぶことをおすすめします。

ただし、耐久性に優れた塗料はほかのタイプよりも施工単価が高いです。

以下にて、塗料タイプ別に1平方メートルあたりの施工単価を一覧表にしてまとめました。
耐久性に優れた塗料を選ぶ

フッ素塗料や無機塗料は、屋根や外壁の塗装で多く使用されているシリコン塗料に比べて2倍ほど価格が高いです。

そのため、耐久性の高い塗料を選ぶ際は、予算に余裕を持っておくことが大切です。

 

業者に耐久性の高い塗料での塗装を希望している旨を伝えて、予算内で収まるタイプを探してもらいましょう。

 

メンテナンスを欠かさず行う

屋根工事
屋根に必要なメンテナンスを欠かさず行うことで、塗装の耐久性を維持できるようになります。

例えば、小さな傷やひび割れなどは部分補修で直すことで、被害の拡大を防げます。

 

また、定期的に屋根の点検を行い、コンディションを整えておくことも大切です。

屋根の点検は、5年前後を目安に行うようにしましょう。

 

施工が丁寧な優良業者に依頼する

軒天
優良業者に塗装を依頼すると、屋根に適切な施工をしてもらえるため塗料が長持ちしやすくなります。

優良業者は、以下のようなポイントを押さえて探すことで、悪質業者と見分けられます。

 

  • 施工実績の数が多い業者である
  • 相場と近い施工費用を提示している
  • 工事の説明を丁寧に行っている
  • 親身になって相談に乗ってくれる
  • 見積書が細かく作成されている
  • 現地調査を丁寧に行ってくれる

 

安心して工事を任せるためにも、お客様が理解しやすいように丁寧に施工内容を解説してくれる業者を選ぶようにしましょう。

また、塗装工事を依頼する際に一番気になることは費用に関する内容です。

そのため、見積書の内訳が明瞭に記載されている業者は、お客様に寄り添った会社といえます。

 

お客様が不安を抱かないように誠意を持って対応してくれる業者を選ぶことで、工事の失敗を防ぎやすくなります。

 

屋根塗装は適した時期を逃さずに行い耐久性や美観を維持しよう

緑の屋根2
屋根塗装は、一般的に10年ごとを目安に行います。

ただし、屋根の状況や塗料の耐用年数によって適切な塗り替え時期は変わるため、タイミングを逃さないように注意しておきましょう。

 

適したタイミングで屋根の塗り替えを行い、大切な住宅の耐久性や美観を維持するようにしましょう。

 

【こちらの記事を読んだ方にオススメ】
屋根塗装の寿命はどれくらい?塗料の耐用年数や長持ちさせるコツも紹介

▼お電話でのお見積もり依頼をご希望の方はコチラ▼
フリーダイヤル【0120-286-440
前橋店【027-289-3838

高崎店【027-384-3939
太田店【0276-57-6969
※受付時間9:00~18:00

▼塗装について直接お店でご相談をしたい方はコチラ▼
【ご来店予約】
※来店予約は24時間受付しております。
営業時間は9:00~18:00です。

▼WEB申し込みは24時間受付中!(深夜のお問い合わせもOK!)▼

無料相談・お問い合わせを申し込む

TOP