群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

wall painting blog

相見積もりで分かる業者選びのポイントと見積もりの見方

住んでいる住宅の修繕を検討する際に、誰もができるだけ希望通りの内容や価格にしてくれる業者を選びたいと思っているでしょう。
しかし、業者を選ぶには複数の業者から見積もりを取って比較するのがベストです。
また、見積もりを比較することで使用する塗料や作業内容、情報が共有されているかなどが確認できます。
ここでは、相見積もりに関する内容や見積もりの見方、業者選びのポイントなどを紹介していきます。相見積もりから、よい業者選びの参考にしてみてください。

■相見積もりとは?

外壁塗装などを行う場合、自分から業者に依頼して見積もりをしてもらいますが、この見積もりを複数の業者から出してもらうのも相見積もりといいます。
相見積もりなんて、選ばなかった業者に申し訳ないと思うかもしれませんが、複数の業者に依頼することで適正な相場を知り、よい業者に巡り合うためにも必要です。
業者側も相見積もりは日常的に行われていることであり、これによって自社の良さや選びやすさを比較してもらえます。
特殊なことでもないので、相見積もりを嫌がることはないでしょう。
もし、ここで相見積もりをしていると業者が知って嫌がった場合、その業者はあまり良い業者とはいえません。
正しい選択をするためにも、相見積もりをして比較してみましょう。
見積り

■相見積もりをするメリットは?

相見積もりには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

◎塗装の適正価格が分かる
相見積もりでは、約2~3社程度に見積もりの依頼をします。
これによって、平均的な施工の価格や塗料の相場などが分かります。
また、料金が安い理由や高い理由についても確認できるので、これらの違いを業者選びの判断にもできるでしょう。
価格
◎業者の質を見抜ける
外壁塗装の場合、塗装する面積や使う塗料などを現地で測定してから見積もり作成となります。
良い業者は正しい面積などを細かく計算していますが、悪質な業者は面積を計算せずに”一式”などという言葉で見積もり作成します。
業者の質を見抜くためにも相見積もりは必要でしょう。

◎悪徳業者に引っかかりにくい
他の業者と比較することで、塗装に必要な費用や工事内容を把握できます。
特に外壁塗装の場合は、選ぶ塗料や塗装範囲によって金額が変わってしまうため、相場が見えにくくなっています。
見積もりの比較で値引きや塗装の相場が分かりますので、悪徳業者にも騙されにくくなるでしょう。

◎サービス内容が分かりやすくなる
同じ条件で見積もりを依頼した場合、相見積もりを依頼した業者によって何をサービスしてくれるかを比較できます。
例えば端数の値引きなどはよくあるサービスですが、ここで半額や塗料のグレードアップ、足場代無料などのサービスをしてくれる場合は注意しましょう。
サービスは嬉しいものですが、過剰なサービスの場合は見積もりに隠れた手抜きが行われる可能性もあります。

■相見積もりを依頼する際のポイント

相見積もりを依頼する際、どのようなポイントで行うべきでしょうか?

・状態を見てもらってから見積もりをもらう
外壁塗装の見積もりを出すには、実際にその場に足を運んで外壁の大きさや劣化具合、必要な補修などを確認するでしょう。
しかし、概算では外壁を確認しないで行う場合もありますが、このような場合だと相見積もりとして確認した業者と確認していない業者との間に条件の違いが生じます。
正確な見積もりを相見積もりとして比較するためには、状態を見てもらってから見積もりをして欲しいと伝えましょう。

・同じ条件を伝える
外壁塗装の相見積もりの場合、塗装業者に同じ条件を伝えなければ比較そのものが難しくなります。
同じ条件を伝えてから、見積もりをお願いしましょう。
例えば、Aの会社には予算と他の修繕を含めた見積もりを依頼し、B社には予算と人気の塗料で塗装したとしましょう。
このAとBの会社の見積もりは同じ条件ではないので、相見積もりとして比較できません。
そして意味のない見積もりとなってしまうので、希望条件をいくつか決めて伝えるようにしましょう。
見積もりに含めたい内容は、予算、塗装部分、塗料の種類(希望がある場合)、塗装したい時期などです。

・複数のパターンで見積もりをもらう
塗料の耐久性や機能性などで価格の比較を含めた見積もりが欲しい場合、同じ塗装業者に複数のパターンで見積もりをもらうこともできます。
グレードの高い塗料と比較的リーズナブルな塗料との比較をしたいなら、相見積もりを依頼する他の業者にも同じパターンで見積もりを提示してもらいましょう。
塗装業者ごとに条件を変えるより、同じ業者に複数のパターンで見積もり作成を依頼した方が比較しやすいです。

■見積もりを正しく見るためのポイント

複数の見積もりを比べた場合、総額にばかり目が行きやすいのですが、実は見積もりを正しく見るだけで、しっかりとした業者かどうか判断できます。
ここでは、見積もりを見るポイントをご紹介します。

◎商品名や塗料メーカー
見積もりに商品名や塗料メーカーが書かれているかを確認しましょう。ただ、塗料の種類だけが書かれている見積もりはあまりおすすめできません。
その理由は、商品名でなければ塗料のグレードやメーカーも変わってしまい、これによって価格も異なってくるからです。
使用塗料

◎塗装面積
外壁塗装では、塗装される量が守られているかを計算するために塗装面積を算出して見積もりに書きます。
塗装面積の根拠を確認して、正しい塗装面積かどうかを知りましょう。

◎詳しい項目が記載されているか
見積もりには様々な項目がありますが、この項目からどのような作業を行うかが確認できます。
例えば、足場を組んだ後、飛散防止ネットで周囲に塗料が飛ばないようにします。
塗装をしない部分は養生して、高圧洗浄やケレン作業で汚れをしっかりと落としていきます。
この作業項目でもある【足場組立】【養生シート貼り】【高圧洗浄】【研磨作業】が記載されているか確認してみましょう。
他にも塗料代として上塗りや下塗り、回数などが書かれていれば、その回数分施工することが分かります。
塗装回数の目安は3度塗りなので、回数もチェックしてみましょう。
また、外壁塗装の他に雨樋などの付帯工事があれば項目として書かれています。

◎一式を使用していない
塗装で「○○一式」などと書いただけで、何がどのように使われるのかわかりません。
見積もりで、このような項目しか書いていない業者は選ばないようにしましょう。
一式だけでは、どこまで含まれているのか把握することができず、後になって工事に含まれていないなどのトラブルになる可能性もあります。
お見積りの中には細かな工事など「一式」で記載しなければいけない工事もありますが、数量のわかるものや項目が多い場合は要注意です。

塗装工事は業者選びですべて決まるといっても過言ではない

外壁塗装は、必ずメンテナンスしなければならない部分であり、どんなに高価でハイクラスな塗料であってもメンテナンス不要にはなりません。
そのため、定期的に外壁塗装は必要となります。
外壁塗装で失敗しないためにも複数の業者へ相見積もりを依頼し、条件に合った業者選びがポイントです。
各家庭で家の大きさが違えば条件も異なり、下地の劣化も変わってきます。
これにより、どのような施工になるのかも異なります。
相見積もりによって、業者の施工や価格、質を確認することができますが、悪質業者かどうかも判断できます。
見積もりの確認ポイントをチェックしながら、良い業者選びをしてみましょう。

TOP