群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

Periodic inspection blog

前橋市にて20年~24年の耐久性に優れた低汚染遮熱シリコン塗料を使用した外壁塗装工事から3年後の真実をお伝えします

この記事を書いた人
営業部木暮
営業部アフター課 木暮

営業部法人課/2011年入社/前橋市出身 48歳でミヤケンに入社。前職の経験と二級建築士の資格を生かし、建物を細かく確認します。ミヤケンの宴会部長。

本日、前橋市富士見町にてサイディング外壁塗装工事から3年後の定期点検にお伺いいたしました。
今回で定期点検2回目の点検となりました。塗膜が綺麗な状態に保たれているか楽しみですね。
また、今回は「お任せ点検」をご希望でしたので、お客様ご不在の元で点検を行いました。
早速、点検の様子をお伝えします!

■サイディング外壁の点検

3年前は、15~18年の耐久性に優れたアステックペイントの【低汚染遮熱シリコン塗料】を使用しました。
この塗料の一番の特徴は、外壁に付着した汚れを雨水が洗い流してくれる親水性に優れている事です。
他にも遮熱性能があり紫外線を反射させて室内の温度上昇を抑える+熱による塗膜の劣化を防ぐことができます。
とはいえ、外壁は常に紫外線が当たり雨風の影響を受けていますので塗膜にも変化が出ているかもしれません。
そのため、塗膜の膨れや浮き、はがれやチョーキング現象が等がないかをしっかりと点検していきました。

サイディング
塗膜の浮きやはがれもなくとても綺麗な状態でした。
チョーキング現象もなく塗膜の問題はありませんでした。

■軒裏天井の点検

当時軒裏天井には透湿性と言って、防カビ・アク止め、湿気を逃がしてくれる効果がある「アレスセラマイルド」と言ったアクリル樹脂系の塗料を使用しました。
軒裏天井の点検は主に、雨漏りのサインである雨ジミ跡がないか、塗膜の浮き・膨れなどがないかを重点的に点検していきました。

軒裏天井
軒裏天井だけでなく白壁にも汚れが付着していましたが、塗膜のはがれや雨ジミもなく問題はありませんでした。
汚れの付着はどうしても防ぎきれない部分のため、点検対象外となっています。

■雨樋の点検

雨樋には、フッソUVコートと呼ばれるフッソ塗料を使用しています。
一般的に付帯部にはシリコン塗料やウレタン塗料を使用されることが多いですが、無償でワンランク上のフッソ塗料を標準仕様でご案内をしています!
なぜ、付帯部をワンランク上の塗料を使用しているのか、詳しくは動画で解説していますので、ぜひご覧ください(^^)
【こだわり・サービス!付帯部のフッ素塗装】

雨樋は屋根や外壁のように日中日がよく当たる部分にありますので、
塗膜の浮きやはがれ、そして雨樋のへこみや金具が固定されているかしっかりと確認していきました。
雨樋
部分的に少し汚れが付着していますが、塗膜に膨れやはがれもなく問題ありませんでした。
金具もしっかり固定されていますね!

■瓦の点検

今回のお家では、瓦屋根が使用されており塗装工事は行っていません。
粘土を焼き付けて作られている瓦は、釉薬と呼ばれる艶を出すものが塗布されており、表面がツルツルしているため塗装をしてもはがれてしまう可能性があります。
そのため、塗装によるメンテナンスが不要なのです。
しかし、状態の確認が容易でない屋根部分だからこそ、このような定期点検時に調査依頼することをオススメします。
瓦のズレ・割れ、漆喰の状態などの確認できれば大掛かりな工事になりませんので、しっかり点検しました。

屋根
均一に瓦が並び、漆喰の欠損などもなく問題ありませんでした。

■3年点検を終えて

この他にも付帯部の点検を行い、今回の3年点検が無事に終了いたしました。
外壁に低汚染遮熱シリコン塗料を使用した塗装工事から3年後の状態も塗膜に問題はありませんでした。
不安なこと、気になることがありましたら、いつでもお電話お待ちしております!
アフターメンテナンスもミヤケンにお任せください。

次回は2023年の9月に行う5年点検です。

定期点検のご協力をいただき、ありがとうございました!
また、定期点検について詳しく紹介しているページがありますので、是非ご覧ください。

【ミヤケン塗装工事後のアフターメンテナンスについて】

TOP