群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

Periodic inspection blog

前橋市にてコストパフォーマンスに優れた遮熱シリコン塗料を使用した外壁塗装工事から1年後の真実をお伝えします

この記事を書いた人
管理部富澤
営業部アフター課 富澤

管理部/2013年入社/高崎市出身 一級塗装技能士の資格と職人経験を活かし、アフターメンテナンス(定期点検)を担当。塗装後のお客様のお家へ点検に伺います。日課は犬の散歩。

本日、前橋市鶴が谷町にて金属サイディング外壁塗装工事から1年後の定期点検にお伺いしました。 
塗装工事から1年後だから塗膜に問題はないとは限りませんので、細かく点検していきました。
また、今回は「立合い点検」をご希望でしたので、お客様と一緒に点検を行いました。
ミヤケンのアフターメンテナンスは、お客様ご在宅の「立合い点検」と、ご不在時にお伺いして点検する「お任せ点検」をご案内しています。

■サイディング外壁の点検

1年前は、約13年~16年の耐久性があるアステックペイントの【遮熱シリコン塗料】を使用しました。
この塗料の特徴はミヤケンで取り扱っている屋根塗料の中でも低コストではありますが、耐久年数もよくコストパフォーマンスに優れた塗料です。
なるべく費用を抑えて耐久性のよい塗装工事にしたい!という方にはオススメの塗料です。

また、金属サイディングの特徴については以下の動画からご覧ください!
塗装専門店のプロが詳しく説明しています!
【住宅のシェア率70%のサイディング外壁の基礎知識を解説!】
とはいえ、外壁は常に紫外線が当たり雨風の影響を受けていますので塗膜にも変化が出ているかもしれません。
そのため、塗膜の膨れや浮き、はがれ等がないかをしっかりと点検していきました。
外壁
塗膜の浮きやはがれもなく、とても綺麗な状態でした。

■軒裏天井の点検

当時軒裏天井には透湿性と言って、防カビ・アク止め、湿気を逃がしてくれる効果がある「アレスセラマイルド」と言ったアクリル樹脂系の塗料を使用しました。
軒裏天井の点検は主に、雨漏りのサインである雨ジミ跡がないか、塗膜の浮き・膨れなどがないかを重点的に点検していきました。
軒裏天井
塗膜のはがれやシミ跡もなく、問題ありませんでした。
雨漏りの心配もありませんでした。

■雨樋の点検

雨樋には、フッソUVコートと呼ばれるフッソ塗料を使用しています。
一般的に付帯部にはシリコン塗料やウレタン塗料を使用されることが多いですが、
雨樋は屋根や外壁のように日中日がよく当たる部分にありますので、無償でワンランク上のフッソ塗料を標準仕様でご案内をしています!
塗膜の浮きやはがれ、そして雨樋のゆがみ等がないかをしっかりと確認していきます。
雨樋
部分的に少し汚れが付着していますが、塗膜に浮きやはがれもなく問題ありませんでした。
雨樋本体のゆがみもなく問題ありませんでした。

■陶器瓦の点検

今回のお家では、陶器瓦屋根が使用されており塗装工事は行っていません。
陶器で作られている瓦は、釉薬と呼ばれる艶を出すものが塗布されており、表面がツルツルしているため塗装をしてもはがれてしまう可能性があります。
そのため、塗装によるメンテナンスが不要なのです。
また瓦自体も30年以上の耐久性がありますが、全くメンテナンスをしなくてもOKというわけではありません。
日本古来から使われている陶器の瓦は素材そのものの重量が非常に重いため、お家全体に負担がかかり地震等の際はかなりの被害になってしまいます。
定期点検の保証対象外ではありますが、瓦のズレやひび割れなどの症状がないかもしっかりと確認していきました。
屋根
屋根材にズレやひび割れもなく綺麗な状態でした。
点検していて問題ないことがわかると安心ですね!

■1年点検を終えて

この他にも付帯部の点検を行い、今回の1年点検が無事に終了いたしました。
塗装工事から1年後ということもあり、塗膜の問題はありませんでした。
これから、2年ごとに定期的にお伺いさせていただきます!今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

次回は2023年の9月に行う3年点検です。

定期点検のご協力をいただき、ありがとうございました!
また、定期点検について詳しく紹介しているページがありますので、是非ご覧ください。
【ミヤケン塗装工事後のアフターメンテナンスについて】

TOP