住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁の種類と特徴(サイディングボード編)

住宅の外壁材には様々な種類があります。

中でも広く普及している外壁材に、
サイディングボードがあります。

サイディングボードとは、
一枚一枚外装板を貼っていくタイプの外壁のことです。

サイディングボードは、
塗り壁と違い一枚ごとの施工になり、
張替やメンテナンスが容易なため
広く普及するようになりました。

また、サイディングボードの中にも
いくつか種類があります。

一般的には、アルミサイディング、スチールサイディング、
窯業系サイディングの三種類があります。

それぞれ特徴がありますが、
外壁の質感がそれぞれ異なりますので、
住宅のデザインによっても使い分けされています。

それぞれ、施工の際はサイディングボードと
ボードのつなぎ目を目地とよばれる
シーリング材での施工を行います。

このシーリング材は防水の効果があり
一般的にサイディングボードの施工時に利用されます。

住宅の外壁面の日当たりなどの状況によりますが、
サイディング塗装が劣化している場合、
間違いなくシーリングも劣化していますので、
外壁の塗り替え時にシーリング材も
同時にメンテナンスする必要がありますのでご注意下さい。

 

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top