住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗膜の劣化で現れる症状

家やマンションの外壁は、
建物を守る大切なバリアの役目を果たします。

毎日、太陽の光や雨、風などにさらされているため、
劣化しやすく、傷んで水が浸みこみやすくなることも。

また、ひびや割れが生じて水分が浸入すると、
建物内部が腐食したり弱くなったりしてしまうため、
建物の寿命を縮めることになってしまいます。

建物を劣化から守るためには
外壁の塗膜をメンテナンスが効果的でお勧めです。

塗膜の劣化は、
変色・退色、チョーキング、カビ・コケの発生、ひび
などが挙げられます。

手で壁に触れて指に白い粉が付着することがあれば、
チョーキングが起こっているサインです。

カビやコケが生えたりひびが入って美観が損なわれる前でも、
チョーキングを見つけたら早めに塗膜を塗り替えると良いでしょう。

塗り替え工事では劣化した下地の補修を行うことが大切です。

塗り替え後の品質トラブルの原因になる主な原因が
下地の状態に起因するので、
下地の補修について知識と技術のある専門業者に
見積もりをしてもらうことがおすすめです。

 

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。
http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top