住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

家に結露ができるようになったら危険!?

やっと暖かくなってきましたが
寒い冬、結露には困らせられましたよね。

結露は家の中と外の温度差が大きくなるとできる自然現象なのですが、
ちょっと濡れるだけだから、拭けば大丈夫!
とは思っていませんでしたか?

実は結露はじわじわと家を弱させてしまう可能性があるんです。

今回は、次の冬に向けて対策がしたくなる
結露の危険性についてご紹介いたします。

気がつくとすぐにできてしまう水たまりのような結露。

北側などの日当たりの悪い窓は
乾くことも望みにくいから厄介ですよね。

乾かないからもういいや!と結露を放っておくと
その水分で窓枠やカーテンにカビが生えてしまいます。

真冬は寒くて窓を閉めきることも多いので
お部屋にカビの胞子がただよってしまいます。

小さなお子様やお年寄りのいるご家庭は怖いですよね。

健康被害はもちろん怖いのですが、
結露の水は窓周りの建材が腐食を招くこともあります。

建材が腐食すればもちろん窓周りの耐久性は落ちますし
腐食が進行すれば建物そのものの耐久度もおびやかします。

拭いても拭いてもキリがない結露は
温かいうちに2重窓にリフォームしてしまうか
裏地付きのカーテンを注文して断熱性を高めて対策しましょう。

群馬の外壁塗装ならミヤケンにお任せください。

http://www.m-kensou.com/

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top