住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

外壁塗装の下請け業者の仕組みについて


外壁塗装をお願いする場合、
依頼先によって自社で施工する場合と下請け業者が施工するケースがあります。

自社施工業者とは直接受注をして
自社が抱える職人が施工する塗装のことです。

一方、元請会社が受注をして、
別の業者に外注する仕組みが下請け業者施工ということになります。

この仕組みの実例として、
あるリフォーム会社に外壁塗装を依頼して、
実際に工事が始まったら全く知らない、
違う会社の人たちが工事していたということがあります。

これはリフォーム会社を経由した下請け業者が施工を担当しているからです。

この仕組みは、元請業者に依頼をし、
下請け業者に安価で仕事を依頼しています。

下請け業者は、減らされた金額の中で利益を出さなくてはならなくなります。

その結果、
塗料を薄めて使ったり、
三度塗りが推奨されるところを二度塗りで終わらせるなど、
手抜き工事をしてしまう業者が中にはいます。

自社施工を行っている業者は必ずそういったトラブルは生じませんので、
費用・内容からみても良いと言えます。

カンタン30秒!概算見積りチェッカー

お名前 メール
TEL 坪数
    施工箇所
無料メールで相談
scroll-to-top