住まいの塗替え・省エネ塗装のプロ集団 外壁塗装のミヤケン
トップページ
メール相談

塗装が必要な、お家の基礎のひび割れの見極め方

いつも大変お世話になっております。
営業部赤石です。

ちょうど1か月前くらいでしょうか、
敷島球場にて行われた西武ライオンズ×千葉ロッテマリーンズの試合を見に行きました。
当日はあいにくの雨でしたが球場は超満員!
とても楽しい時間でした

そしてあれから一か月・・・本当に時間が経つのが早いですね。
ただ、これからは暑い夏がやってきますね!
暑い夏への楽しみ半分・大変さ半分・・今から体力付けないとです!


さて今日は「基礎のひび割れ」についてご紹介します。
塗装工事をされているお客様から
「あれ?基礎は塗装しないの?」と質問をいただくことがあります。

基礎の塗装はもちろんできます。

ただ、今回の塗装工事で本当に必要な工事なのかを現地調査の時に見させていただいています。
と、いうもの基礎の塗装は足場が無くても施工が可能なため
「足場をかけたから絶対」の工事ではないのです。


では、早めのお手入れの必要な場合はどのような状態のときでしょうか。

わたしはこのようなひび割れが表面にあったときは塗装をお勧めしています。





IMG_05471
←あてているのは0.5mmのシャーペンの進です

基礎は0.5mm以上のひび割れでお水が差し、鉄筋に影響を与えるとみなします。
そのため、現場調査時にクラックスケールもしくはシャーペンの芯を基準に見させたいただいています。

もちろん、すぐすぐ鉄筋がお水によって腐食するとは考えられませんが
見落としがちな基礎部分の「あれ?こんなところにひび割れが・・・・」というときはひび割れの大きさを調べてみてください。

また気になることがありましたらご相談くださいね。




営業部 赤石