群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

外壁塗装と一緒に屋根塗装をオススメする理由とは

この記事を書いた人
アバター
ミヤケン

お客様から「外壁の色あせが気になった」「外壁にひび割れがある」「コーキングが劣化した」など
外壁塗装のみをご検討してお問合せしてくださる方が多くいらっしゃいます。
もちろんお家が日本瓦や洋風瓦であれば、塗装メンテナンスは不要です。
しかし、瓦でも「モニエル瓦」「セメント瓦」という屋根材は塗装する必要があります。
「自分のお家の屋根が何の屋根材でメンテナンスが必要なのかわからない」
「高いところの屋根は状態が見えないからとりあえず外壁から」
という方も多いでしょう。実はそれ、屋根の劣化を早める大きな落とし穴です!
さらに外壁塗装と一緒に塗装をすることで、足場代や工事の手間など、費用を抑えることができます!

そこで今回は、外壁塗装と一緒に屋根塗装をオススメする理由についてご紹介していきます。

まず初めに塗装メンテナンスが必要な屋根材についてご説明いたします。

・コロニアル屋根(スレート屋根)

・モニエル瓦(屋根の断面がでこぼこしている)

・セメント瓦(屋根の断面が平らになっている)
クリックすると新しいウィンドウで開きます
・金属屋根(折半屋根・トタン屋根)
クリックすると新しいウィンドウで開きます

これらの屋根材は塗装メンテナンスが必要です。
屋根はお家の中で一番紫外線や、雨風などの天候の影響を受ける場所、
立地環境によって異なりますが、一番早く劣化症状が現れる場所でもあります。
本来、屋根には塗装が施されていることで防水性を発揮しておりますが、
紫外線や雨風の影響で屋根表面の塗膜が劣化して防水性が低下してしまいます。
すると、屋根の色あせやコケ・藻の付着、さびの発生など屋根の劣化を早めてしまう症状が出てきます。

ではどんな劣化があるのか実際の写真と一緒にご紹介していきます。

屋根の色あせは、初期段階の劣化症状で塗膜がはがれていますよ!というサインです。
主に紫外線が多く当たる南面に見られることが多いでしょう。
また、防水性が低下している状態でもありますので、このまま放置してしまうとコケや藻の発生にも繋がります。
▼色あせ

コケや藻の付着は、本来雨が降った時に屋根材が劣化していることでお水を吸収してしまい、
天気のいい日中に蒸発することができず、湿気がたまってコケや藻が発生します。
主に、日があたりにくい北面に見られることが多いでしょう。
また、コケや藻をそのまま放置してしまうと屋根の内部までに根を張り、ひび割れや破損など屋根材を傷めてしまいます。
▼コケ・藻の付着
クリックすると新しいウィンドウで開きます
そして金属屋根の場合、紫外線や雨風の影響で、塗膜がはがれてサビが発生します。
そのまま放置してしまうと、サビが腐食し始めて穴が空き、そこから雨漏りを発生させてしまう危険性があります。
▼サビの発生

どの劣化症状でもメンテナンスをせずに放置してしまった場合、
共通して言えることは「雨漏り繋がってしまう」という事です。
雨漏りまで発生してしまうと、外部メンテナンスだけでなく、内部のメンテナンスも必要になり、費用も大きくかかってしまいます。
しかし、外壁とは違い、屋根の異変に気付くということは中々難しいことです。

では、どうしたらよいのかというと、「外壁劣化を発見したときに屋根も見てもらう」という事です。
劣化症状のご説明でもお伝えした通り、屋根はお家の中で一番早く劣化が現れる場所です。
つまり、外壁に劣化が確認できた時は外壁よりも前に既に上記の症状が出ている確率が高いということです。

いかがでしたでしょうか。
外壁塗装のみをご検討していても、自分のお家の状態がどうなっているのか理解するために
一度屋根の調査も依頼してみてはいかがでしょうか。外壁よりも屋根の方が深刻な状態になっているかもしれません。

ミヤケンでは、こんなところまで!?と細かくお家の状態を調査させていただいております。
群馬県にお住いの方で、「お家の状態が気になるから見てほしい。」「工事するかわからないけど見てもらうだけ」という方でも大歓迎です!
もちろん調査費用はお見積りなど、金額の発生は一切ありません。
お気軽にお問合せください!

TOP