群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

館林市堀江町のサイディング外壁のコーキングの施工中のお客様の家に行ってきました

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部係長/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

こんにちは!
今回は、館林市堀江町のお客様のお家へ中間検査へ行ってきました。
ちょうどコーキングの工事が終わったところでしたので、少しご紹介します。

まず初めに、施工前の様子がこちらです↓

コーキングが裂けてしまっているのが分かります。
余談ではありますが…コーキングの劣化する症状は主に2つあります。
1つ目は、経年劣化によるコーキングの寿命で、上の写真のようにコーキングの真ん中から裂けてしまいます。
2つ目は、プライマー不足によるコーキングと外壁材との間が剥がれてしまう現象です。

それでは実際の工事の流れがこちらです。

①既存のコーキングの撤去

カッターで外壁を傷つけないようにきれいに撤去していきました。
②養生作業 
  外壁にコーキングがはみださないようにマスキングテープを貼ります。
(下の写真の青い部分がマスキングテープです。)

③プライマー(接着剤)塗布

④新しいコーキング充填(じゅうてん)
  新しいコーキング材を注入します。

⑤均し(ならし)→空気を抜きます。
  こうすることで、隙間なく充填することができます。
  均し作業を怠ると、コーキングが膨れる可能性があります。
  そのため、すごく重要な作業です。

⑥乾燥 
  3日以上乾燥させます。※天気や気温によって乾燥期間は変動します。

 

ここまで行ってコーキング工事が終了します。
コーキングは雨漏りを防ぐために非常に重要な作業になるので丁寧に作業を行います。
ちなみに工事の期間は乾燥期間も含めて約5日間ほどです。

コーキング作業は終了したあとは雨樋などの付帯部の塗装作業を行います。
ここまで読んでいただきありがとうございます!

 

TOP