群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

突然の雪に備えて今日やっておきたいこと!

この記事を書いた人
営業部大谷
営業部 大谷

営業部/2018年入社/みなかみ町出身 お客様のためならどんなことでも力になりたい、熱心な勉強家。趣味はミヤケンで働くこと。実は大学時代のミスターに選ばれた経歴を持つ。

突然の雪に備えて今日やっておきたいこと! | その他

今日の夕方から夜にかけて群馬県内でも雪予報になっていますね。
数年前の大雪を経験しているからこそ…雪のふる今晩から備えておきましょう!

1、屋根から落ちる雪に注意

特に塗装工事を終えた屋根の表面は撥水性が高く、屋根の上に雪が積もりにくくなります。
そのため、屋根から雪が落ちてきた時に自家用車に当たってしまうことも…。
塗装工事をして初めての積雪の場合は様子がわからないとおもいますので、
自家用車を屋根から離れた所へ駐車することをお勧めします。
またこれから落雪を防ぐ方法として雪止めの設置が挙げられます。

雪止めは瓦屋根やスレート屋根、モニエル瓦など多くの屋根に後付けをすることもできます。
瓦屋根の場合は雪止め金具を取り付ける方法と雪止めの瓦に差し替える方法の2つがあります。
また、雪止めを取り付ける際に1段にするのか、2段にするのか、
さらには北面だけ取り付けるなどご希望に合わせて設置できますのでお気軽にご相談いただければと思います。

2、雪かき用品を玄関先に準備

朝起きたら何㎝も積もっていて物置が開かない!なんてことのないように玄関に長靴やスコップなどを準備しましょう。
物置の屋根の上に積もった雪の重みで扉が開かないこともあるようです。
そんなひどい雪にならないことを祈るしかありません…。

3、寝る前に給湯器の電源が入っていることを確認

雪が降るということは気温が急激に下がることが想定されます。
給湯器に電源が入っていれば、凍結防止装置がついており問題はないのですが電源が切れてしまっていると
配管に残ったお水が寒さで凍結する可能性があります。
凍結によりお湯が出ないことはもちろん、給湯器本体が故障する原因にもなりますので寝る前に確認することをお勧めします。

簡単にまとめさせていただきました。
事前の対策は難しいのですが、雨樋が歪んでしまったり取れてしまうケースもあります。
雪が降った後も異変がないかお家のまわりをぐるっと確認しましょう。
気になるところや不安なところがあったときはご相談ください。
朝は8時半からお電話受け付けております!

TOP