群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

前橋市にて屋根の剥がれが気になるとのことで塗装前の調査・お見積りに伺いました |株式会社ミヤケン

staff blog

前橋市にて屋根の剥がれが気になるとのことで塗装前の調査・お見積りに伺いました

この記事を書いた人
営業部大谷
営業部 大谷

営業部/2018年入社/みなかみ町出身 お客様のためならどんなことでも力になりたい、熱心な勉強家。趣味はミヤケンで働くこと。実は大学時代のミスターに選ばれた経歴を持つ。

いつもお世話になります。
今回は前橋市にて屋根塗装の現場調査にお伺い致しましたのでご紹介致します。

梅雨時期になると屋根が心配でお問い合わせいただくことが増えます。
今回お問い合わせいただいたお客様もそうでした。
お問合せ内容は屋根の塗装が剥がれてしまっているとのことで、私も心配しながら現場に到着すると屋根はこのような状態でした。

お客様が「遠くから見ると屋根が剥げているのが見えて心配」とおっしゃるのがよく分かるほど屋根表面の塗膜が剥離しています。

まず初めに簡単にこちらの屋根材の説明をさせて頂きます。
「スレート瓦(コロニアル、カラーベスト)」と言い多くのお家で用いられている屋根材です。
こちらの屋根材見かけたことがある方も多いと思います。
セメントなどを高温高圧化で圧縮した製品で、
元々屋根材自体はセメントを圧縮したものである為、防水性は有りません。
この屋根材は塗装を施す事により始めて防水性を持ち屋根材としての機能を果たします。

もっと近くで見てみましょう。

赤い塗膜が剥離して灰色の部分が見受けられますね。この灰色の部分はセメントの素地が露出している状態です。

先程申し上げた通り、この屋根材は「塗装を施すことによって」防水性を持ちます。
つまり、塗膜が剥げてしまったセメントの素地部分は防水性を持っていないのです。
その為、水を吸収してしまう結果、画像を見ての通り「コケ」が発生しています。

因みに上の画像は南面です。
比較的日当たりが良く雨を吸収しても乾きやすい面ですらコケが発生しているのですから屋根材の劣化具合が見受けられますね。

また、この塗膜の剥離、原因は経年劣化では有りません。
原因は塗装前の下地処理にあります。
塗膜は劣化により色褪せなどは起こしますがしっかりと下地処理を施していれば剥がれるということはありません。

この剥離は前回の塗装時の高圧洗浄が不十分だった為、屋根表面に砂埃などの汚れ、ゴミが残っている状態で塗装をしたこと、
そして下塗り材が不十分でしっかりとした接着剤としての役割を果たせていなかったことが考えられます。

ここで私が気になったことが剥離以外にも有ります。
「縁切り」です。

画像で示したような屋根材の重なり部の隙間を作ってあげることを「縁切り」と言います。
こちらの屋根はこの重なり部が埋まっています。

屋根に隙間を作っていいのかと思われる方もいらっしゃると思います。
実は、屋根の重なり部は隙間を作るべきなのです

もちろん全ての隙間が完全に塞がれば雨が入る隙間がありませんから心配ありません。
しかし、屋根材の隙間は横や縦に沢山あります。この全てが塗装で完璧に埋まるかというとそうではありません。

その場合この重なり部が塞がっていると…
「屋根材の隙間から侵入した雨の逃げ道(外への排出路)がなくなる」ということになります。
しかも、この重なり部、隙間が狭いほど「毛細管現象」と言い水を吸い上げてしまう現象を起こします。

水を吸い上げた挙句、水の逃げ道をも塞いでいるという恐ろしい状態です。

以前では塗装後にカッターなどを用いて隙間に切れ目を入れるのが主流でしたが、
カッターの切れ目は自ずとくっついてしまいますし、屋根材自体を傷つける可能性があります。
ですので、現在は「タスペーサー」という縁切り器具を瓦と瓦の間に差し込んで隙間を作っています。

このようにプラスチック製の専用器具を差し込むことによって
もし、瓦の内側に雨が侵入しても排水できるように、毛細管現象によって雨を吸い上げないように隙間を作ります。

この「タスペーサー」はスレート瓦を塗装する際には大変重要で、
この作業を行わない場合、せっかく塗装をしたのに塗装をしたことによって雨漏りが起こる可能性があります。

みなさん、スレート瓦塗装の際は必ずこの「タスペーサー」がお見積もりに入っているか確認してください。

屋根の現場調査では今の屋根の様子、適切な工事方法をご案内しています!
お家の外装で心配に思うことがありましたらお気軽にミヤケンまでお問い合わせください。

お見積りはこちらから

TOP