群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

前橋市でサイディングのお家の現場調査にお伺いしました。 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

前橋市でサイディングのお家の現場調査にお伺いしました。

お世話になります。

いきなりですが、
外壁にはモルタル、ALC、サイディングなどの種類がありますが現在新築で一番多く用いられているのはサイディングです。
デザイン性に富んでいて好みの雰囲気を選ぶことができ人気があります。

今回は先日お伺いしたサイディングのお家の調査をご紹介致します。
では早速見ていきましょう。
まず初めに外壁を触ってみると、

ご覧の通り。「チョーキング現象」ですね。
外壁表面の塗膜が紫外線の影響によって劣化し粉っぽくなってしまっています。
この症状が起きているお家は多くあります。
チョーキング現象をしていると雨漏りをすると言うわけではありませんが、
劣化がわかりやすいので再塗装のサインとも言われています。
先程申し上げた通り、チョーキングが起きているからといってすぐに外壁が劣化するわけではありません。

しかし、塗膜が劣化し水弾きが悪くなっているため、汚れが付きやすくコケが発生しやすい状態になっています。
また、サイディングはセメントやパルプを圧縮して形成したものですので、外壁材そのものは防水性はありません。
表面を塗膜でコーティングしているからこそ雨からお家を守れるのです。
塗膜の劣化が進行すると、

塗膜の劣化から、剥離が生じ外壁の素地があらわになっています。
見るからに雨を吸収しそうですね。。。
このような劣化部から雨が侵入すると、乾く際に湿気が塗膜を浮き上がらせたりしてより剥離が進行してしまいます。
しかし、劣化はしているのものの外壁材表面は塗膜がコーティングされているので雨の影響は大きくはありません。
私たちがサイディングのお家の調査の際に1番気をつけるのはこちら

そう、外壁と外壁のつなぎ目、コーキング部です。
なぜならば、サイディング材の側面は塗装がされていないからです。
しつこいですがもう一度言います。
サイディングの側面は塗装されていません。
つまりこのコーキング部の劣化による隙間は防水性のない部分が雨ざらしになっているということです。
コーキングこそサイディングのお家における防水の要なのです。
このように生じた隙間から雨が侵入、乾燥を繰り返すと外壁材が反ってきます。
外に置きっぱなしの木材が反り返っているような状況をご覧になったことのある方は多いかと思います。
同じことです。
ただでさえ隙間が生じているにも関わらず、反りが進行してしまったらより一層う雨の影響を受けやすくなってしまいます。
また、あまりに反りが進行するとビスでも押し戻すことができなくなり、サイディング材を張り替えなければならないことになります。もちろんご負担は大きくなるので早めのメンテナンスがおススメです。
メンテナンスの際にご注意点があります。
こちらをご覧ください。

先程の写真にもありましたが、こちらのお家のご主人様はご自身でコーキングを打ちメンテナンスをしてくださっています。
でもコーキングの周りの黒ずみが出ているのがお分かりになられますでしょうか。
このようなシミを【ブリード】と言います。コーキング材に含まれる油分が染み出してしまっているのです。
実はコーキングには2種類あり、シリコンコーキングと【変成】シリコンコーキングがあります。
共に防水のために使われるという点では同じですが、

外壁には必ず、必ず、変成シリコンコーキングを使ってください。

先程の写真に写っていたコーキングはシリコンコーキングです。
シリコンコーキングは油分を滲ませるため、その上に塗装を施しても大変密着が悪く塗装ができません。
このような場合、
シリコンコーキングは出来る限り撤去し、専用のプライマーを塗布することによって塗装していきます。
室内などには多く用いられていますが、外壁の補修には変成シリコンコーキングを用いていただけると幸いです。

また、サイディングのコーキングの適したメンテナンスは撤去・打ち替え工法です。
コーキング材は厚みで耐久性が決まる為、既存のコーキング材は全て撤去し新しいコーキング材を充填します。
他にALCで用いられる増し打ち工法がありますが厚みの確保できるALCと違ってサイディングにこの工法は絶対にダメです!
したばかりは私たちが見ても分からないくらい綺麗ですが既存のコーキングの上に薄く化粧をするようにコーキング材が打たれているだけなのですぐにひび割れを起こします。

何度もお伝えさせて頂きますが、サイディングにおいて防水の要であるコーキング。
適したメンテナンスを行ってお家を雨からしっかりと守っていきましょう。

TOP