群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

前橋市にて2回目の外壁塗装の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部星野
営業部 星野

営業部/2005年入社/前橋市出身 塗装職人から優しい人柄を生かす営業部へ。細かな部分の劣化も見逃しません。特技は雨漏りを直すこと。無類の甘党。

先日、前橋市上新田町にお住まいのお客様から
「外壁の塗膜がはがれてしまったので見てほしい」とのお問合せをいただき、現場調査にお伺いいたしました。

それでは早速調査をしていきます!今回のお家ではALCが使用されていました。
お客様にココです!と案内されて見ていきますと、広範囲で塗膜のはがれが確認できました。

こちらはもっと近づいてみた時の写真です。

この塗膜のはがれは、外壁塗装前の洗浄不足、下塗り塗料の塗布不足、塗料の乾燥時間の不足など、
考えられる原因はいくつかありますが、どれも施工不良によって起こるケースが高いです。
以前塗装された会社様がどんな塗料を使ってどんな方法で工事を行ったかは、確認することはできませんが、
この状態は見た目だけでなく、外壁にとっても良くない状態です。
高圧洗浄から上塗り塗装までのしっかりと行う必要があります。

このまま外壁を調査していきますと、窓周りのコーキングのひび割れが確認できました。

これでは雨の侵入を防いでくれるコーキングとしての機能が無くなり、劣化部分から雨が入り込んでしまいます。
しかし、外壁の内部には防水シートが施工されており、すぐに雨漏りするわけではありません。
だからと言って、こういったコーキングの劣化に関しては見過ごさずに、しっかりと撤去打ち替えのメンテナンスをする必要があります。

また、外壁目地のコーキングのひび割れに比べて窓周りは、外と中の気温差があるため、防水シートの傷みが早いので注意しましょう!

他にも屋根・付帯部の確認を行い、今回の現場調査が終了しました。
「塗装したばかりなのに塗膜がはがれた!」「2回目の塗装とかできる会社さんいるのかな?」と思ったときは、
塗装専門店であるミヤケンまでお問合せください。
細かくお家の状態を調査させていただきます。

 

無料お見積り依頼はこちら

TOP