群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

藤岡市にて外壁塗装・瓦屋根の状態確認の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
菅原亮
営業部 菅原

営業部/2019年入社/高崎市箕郷町出身 お客様が喜ぶ笑顔の為に、どんなことでも全力でご対応いたします。 休日には妻と2人の娘とドライブに行くことが趣味。

先日、藤岡市岡之郷にお住まいのお客様から、
「外壁の汚れがきになるので塗装してほしい」とのお問合せをいただき、現場調査へお伺いしました。

今回のお家ではサイディングが使用されていました。すると、コケの付着が確認できました。

お客様は、「少したわしでこすって落としたんだけど限界で…」と仰っていました。
ご自分で外壁をキレイにするお客様は、とてもお家を大切にされているんだなぁ思いました ^^!
とても素敵なことですよね!
しかし、外壁をたわしなど荒く硬いものでゴシゴシと強くこすってしまうと、かえって外壁を傷つけてしまいます。
コケが付着しているという事は、外壁表面の塗膜が劣化し、お水をはじく防水性が低下しているサインでもありますので、
業者さんにお願いしたほうが、外壁を傷つけずに、塗装工事のメンテナンスも一緒に行うことができます。

このまま外壁の「チョーキング現象」がないかを確認していくとチョーキング現象が確認できました。

外壁の色と、肌の色が似ていて分かりにくい写真なので、
「本当にチョーキングあるの?」と思う方もいるかと思いますが、手に顔料がついています…!
今すぐに塗装をしなくては大変なことに!というわけではありませんが、塗装メンテナンス時期の初期段階です。

このままコーキングの状態を確認していきます。
すると、ひび割れや破断が起きていました。


これでは雨の侵入を防いでくれるコーキングとしての機能が無くなり、劣化部分から雨が入り込んでしまいます。
しかし、外壁の内部には防水シートが施工されており、すぐに雨漏りするわけではありません。
だからと言って、こういったコーキングの劣化に関しては見過ごさずに、しっかりと撤去打ち替えのメンテナンスをする必要があります。

お問合せをいただいた外壁の調査は終わりましたが、このままお家の付帯部と屋根の状態も確認していきました。
まず初めに軒裏天井の様子です。
雨漏りのサインでもあるシミ跡がないかを調査していきましたが、
多少の汚れの付着はあるものの、シミ跡はありませんでした!雨漏りの心配はありませんね、安心です!

続いて雨樋の調査をしていきました。
すると、雨樋のチョーキング現象と支持金具のサビの発生が確認できました。 

幸い、金物部分のサビも触れただけで崩れてしまうという程の腐食ではなかったため、
今回は金具の交換ではなく雨樋本体を含め、塗装工事でご提案することになりました。

続いて屋根の状態も調査していきます。
今回のお家では陶器瓦を使用していました。基本的に瓦の場合は塗装メンテナンスは不要です。
しかし、台風や大雪などの天候の影響で瓦のズレや、棟瓦に異常があると良くありませんので、一緒に調査していきました!
写真でも分かるように、瓦に異常な箇所は見受けられませんでした。とてもきれいな状態ですね!

以上で現場調査が全て終了しました。

ミヤケンでは現場調査・お見積り3~5プランほどの作成をすべて無料で行っております。
「家の状態だけ見てほしい」、「工事しないかもしれないけど見積もりだけ」という方でも大歓迎です!
ミヤケンまでお気軽にお問合せください!

下記のオレンジ色のボタンから、お見積り・現場調査を24時間受付しています。

 

 

無料お見積り依頼はこちら

TOP