群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

太田市にて屋根外壁のコケの付着の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部係長/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

先日、太田市台之郷町にお住まいのお客様より「屋根が黄色くて、外壁が緑色になっている」とお問い合わせをいただき、塗装の現場調査へ行ってきました。

それでは早速、屋根の調査から始めていきます。
今回のお家ではスレート(コロニアル)屋根が使用されていました。

皆様分かりますか?屋根の下部に黄色のような、少し茶色っぽいような汚れが付着しています。
実は、この汚れの正体は「コケ」です。もっと近づいて確認していきますと、
屋根にびっちりこびりついていました。

コケが発生している状態は、屋根の防水効果がなくなっているサインです。
もともと、屋根そのものには防水性はなく、塗装が施されていることで防水性を発揮しています。
しかし、紫外線や雨風の影響で屋根材がお水を含みやすい環境を作り、日中だけで水分を蒸発させることが出来ず、コケが発生してしまいます。
屋根を長持ちさせるために、決して先延ばしにせず、早めのメンテナンスをしてあげましょう。

続いては外壁の汚れを確認していきましょう。今回のお家ではサイディング外壁が使用されていました。
「汚れは北側にあるのよ」とお客様に案内され、「もしかして外壁にも…」と思いながら問題の場所を確認してみると想像していた通りの症状が確認されました。

光の反射で少し見えにくいですが、うっすらと緑色っぽいようなものが付着しているのが分かりますか?
実はこの正体も屋根と同じ「コケ」なのです。
屋根と同じように、高圧洗浄でコケを落としてから外壁に塗装を施し、防水性を高めてあげましょう。

このまま外壁の「チョーキング現象」がないかを確認していくとチョーキング現象が確認できました。

今すぐに塗装をしなくては大変なことに!というわけではありませんが、塗装メンテナンス時期の初期段階です。
お家を長持ちさせるためには、塗装工事を行いましょう!

以上で今回の現場調査が全て終了しました。

屋根・外壁塗装はお家を綺麗にする、色を変えるというだけでなく、お家を守ってくれる大切な工事なのです。
異変を感じたときは決して見過ごさず、しっかりとお家のメンテナンスを行いましょう。
「これはコケ?汚れ?どっちだ?」と思ったとき、一度ミヤケンまでお問合せください。
細かくお家の状態を調査させていただきます。

無料お見積り依頼はこちら

TOP