群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

コーキングのひび割れが心配とのことで高崎市へ現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
菅原亮
営業部 菅原

営業部/2019年入社/高崎市箕郷町出身 お客様が喜ぶ笑顔の為に、どんなことでも全力でご対応いたします。 休日には妻と2人の娘とドライブに行くことが趣味。

高崎市にお住まいのお客様からコーキングの劣化が気になるとのお問い合わせをいただき、現場調査にお伺いしました。

それでは早速、お問合せいただいたコーキングの状態を見ていきましょう。
外壁の目地では紫外線の影響を受けて表面にひび割れが起きていました。

こちらは窓周りのコーキングでは、剥離をしていました。

コーキングは外壁のつなぎ目や外壁と窓の取り合い部分から雨水が入らないようにするため機能ですが、このままでは雨漏りの原因になりかねません。
ただ、すぐに雨漏りにつながるケースもあれば、数年後に雨漏りになるケースもあります。
これはコーキングの場所が目地なのか、出窓屋根の上のコーキングなのかによって異なります。
そのため、どんな箇所のコーキングのひび割れなどの劣化に関しては早めのメンテナンスがより安心です。
コーキングを新しく打ち替えし、さらにその上から塗装を施すことにより、紫外線の影響を受けにくくなるので15年・20年とお家の防水性を長期的に保つことが出来ます。
コーキング ヘラ押え
ここで注意してほしいのはサイディングにコーキングの増し打ち(今のコーキングの上から新しいコーキングを施工する方法)は絶対にしないほうがよいということです!
コーキングの密着不良や乾燥不足を招く恐れがあります。
せっかく費用をかけて工事をするのであれば長持ちする工法を行いましょう。
ただ時折、見積もりに「増し打ち」や「打替え」と記載しない業者様もいますので工事内容を確認するためにも記載されているかどうかを確認することも大事です。

次に外壁の塗膜の状態を確認していきました。
外壁の調査では目視での確認もしますが、外壁表面を指先でこすって確認をします。
こすってみると、外壁と同じ色の粉のようなものがつき、表面の塗膜が劣化していることが分かります。

「ただの汚れじゃないの?」なんて思う方もいるかと思いますが汚れではなく、チョーキング現象と呼ばれる塗膜の劣化サインなのです。
このチョーキング現象は新築から10年前後で確認できるようになりますが、経年劣化ですので必要以上に心配する必要はありません!
ただ塗装の目安として覚えておくとよいでしょう。
また補修方法としては高圧洗浄で長年の汚れをきれいに落とし、下塗り1回、上塗り2回の塗装を施すことにより外壁の防水性が高まります。
上塗りの塗料のグレードによって耐久年数や工事費用が変わりますのでご予算に応じて選べるように3~5プランほどご提出します。

以上で今回の現場調査が終了しました。
今回はコーキングの劣化が気になってお問い合わせをいただきましたが、外壁の汚れや色あせなど、本当に些細なことでも気になる…と思った時にはミヤケンへご相談ください。
普段視界に入る外壁も知らず知らずのうちにSOSを出しているかもしれません。
築年数や以前の塗装から数年目などお家の節目に点検がてらお見積りをとってみてはいかがでしょうか。
もちろんお見積りは無料です!

お見積り依頼はコチラ

TOP