群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

邑楽郡明和町へコロニアル・サイディング塗装工事の現場調査にいってきました。

この記事を書いた人
営業部滝川
営業部 滝川

営業部/2016年入社/愛知県新城市出身 18歳でミヤケンに飛び込み、工事部を経て営業部へ。工事部で生かした経験からお家の劣化に合わせた修繕工事をご提案します。童顔が悩み。

先日、邑楽郡明和町にて弊社で塗装工事をしているお家のご近隣様から、
「うちの屋根と外壁の状態も見てもらうだけ見てくれないかな?」とお問合せをいただき、現場調査にお伺いいたしました!
工事中の様子を見て、職人さんがまじめにやってくれているからさとお声もいただき、相談してくださいました。
ありがとうございます!

それでは早速、屋根の調査をしていきます。今回のお家ではコロニアルが使用されていました。
調査していきますと、屋根のコケがびっちり付着していました。

これは屋根表面の防水性が紫外線や雨風の影響で防水性が低下し、雨が降った時の雨水が日中に蒸発できず屋根にとどまってコケが発生します。
防水性が無くなった屋根は、塗装メンテナンスのサインでもありますのでしっかりと高圧洗浄で汚れを落とし、
塗装で防水性を高めてあげる必要があります。

続いては外壁の調査を行います。外壁はサイディングが使用されていました!
すると、コケの付着が確認できました。

「え!?外壁にもコケができるの!?」とお客様もびっくりした様子でした。
そうなんです…外壁も屋根と同じで紫外線や雨風の影響で塗膜が劣化し、お水をはじく防水性が低下してコケが発生してしまいます。
しっかりと高圧洗浄でコケを落としてから外壁に塗装を施し、防水性を高めてあげましょう。

このまま外壁の「チョーキング現象」がないかを確認していくとチョーキング現象が確認できました。

今すぐに塗装をしなくては大変なことに!というわけではありませんが、塗装メンテナンス時期の初期段階です。
お家を長持ちさせるためには、塗装工事を行いましょう!

ここからは、屋根外壁の他に、お家の付帯部の状態も調査していきました。
まず初めに軒裏天井の様子です。
雨漏りのサインでもあるシミ跡がないかを調査していきましたが、
多少の汚れの付着はあるものの、シミ跡はありませんでした!雨漏りの心配はありませんね。

続いては破風板の状態を調査していきますと、表面の塗膜が一部剥がれていました。

こちらは【研磨】(けんま)と行って、やすりのようなもので表面を整えてから塗装工事をすると
キレイな状態に戻りますので、屋根外壁塗装をする機会に一緒にメンテナンスすると良いでしょう。

以上で今回の現場調査が全て終了しました。

屋根・外壁塗装はお家を綺麗にする、色を変えるというだけでなく、お家を守ってくれる大切な工事なのです。
「これはコケ?汚れ?どっちだ?」「見てもらうだけ見てもらおうかな」と思った時は、まずはミヤケンまでお問合せ下さい。

下記のオレンジ色のボタンから24時間、お見積り・現場調査のご依頼を受付中しています!

 

 

無料お見積り依頼はこちら

TOP