群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

藤岡市にて屋根のコケと外壁のひび割れの現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
菅原亮
営業部 菅原

営業部/2019年入社/高崎市箕郷町出身 お客様が喜ぶ笑顔の為に、どんなことでも全力でご対応いたします。 休日には妻と2人の娘とドライブに行くことが趣味。

先日、藤岡市にお住まいのお客様から「屋根の汚れと外壁の汚れが気になるから見てほしい」
とのお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。

それでは、早速屋根の調査から始めていきましょう!
今回のお家ではコロニアル屋根が使用されていました。
早速調査していきますと、屋根全体の色あせとコケや藻の付着が確認出来ました。

少し分かりづらいですね…。別の方向から撮影してみました(笑)

こっちの方が分かりやすいですかね!
私の予想ですが、新築当時の屋根のお色は、濃いグレーだったのかなと思います。
ちなみに深い黄色になっている部分がコケです。
コケが発生している状態は、屋根の防水効果がなくなっているサインです。
もともと、屋根そのものには防水性はなく、塗装が施されていることで防水性を発揮しています。
しかし、紫外線や雨風の影響で屋根材がお水を含みやすい環境を作り、日中だけで水分を蒸発させることが出来ず、こうしてコケが発生してしまいます。
コケをそのまま放置にしてしまうと、本来塗装工事で済むメンテナンスも葺き替えやカバー工事しかできなくなってしまうため、工事費が大きくなる場合があります。
屋根を長持ちさせるために、決して先延ばしにせず、早めのメンテナンスをしてあげましょう。
 
続いては外壁の調査を行います。
今回のお家ではちょっと個性的なデザインでのサイディング外壁を使用しておりました。
早速調査をしていきますと、縦に細いひび割れが確認できました。

実はこのひび割れにも危険の度合いがあり今回は「ヘアクラック」と呼ばれる、ひび割れの規模の中でも小さなものでした。
しかし、小さいからと言って油断はできません!
外壁内部の構造は防水シートが施工されているため、最初のうちはお水を防いでくれますが、

そのまま放置してしまうと、やがて防水シートも劣化していき、お水を吸収しやすい断熱材にまで影響を及ぼしてしまいます。
断熱材に影響が出てしまうと、そこから外壁内部にじわじわと広がり、雨漏りに繋がります。
私もどちらかと言うと、少し見過ごしてしまう側なのですが..(笑)
決して小さいからと言って見過ごしてはいけない症状なので注意しましょう!

他にも付帯部の軒裏天井などお家全体の調査を行い、今回の現場調査が終了しました。
最近、コロナウィルスの関係でなるべく人との接触をさけたいということで、お客様お立合いなしの現場調査を行うことが増えています。
本来ミヤケンの現場調査では、通常お客様お立合いのもとで調査のご案内をおすすめしておりますが、
今こんなご時世なのでお立合いなしの調査も喜んで承っております。
「ここが気になるから見てほしい」など、お電話の際やホームページのお問合せ備考欄にてお伝えいただけますと
その部分を重点的に調査させていただきます。

ぜひお気軽にお問合せください!

 

お見積り依頼はこちら

TOP