群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

栃木県足利市のサイディング外壁のお家にて、コケ・コーキングの劣化の現場調査にいってきました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部係長/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

先日、栃木県足利市助戸東山町にお住まいのお客様より、
「外壁の汚れと目地にひびが入ったから見てほしい」とのお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。

まず初めに、「汚れ」の部分を見ていきました。

光の反射で少し見づらいのですが、こちらはお家北側を撮影したものです。
赤枠の中のサイディング表面にうっすらと緑色っぽいようなものが付着しているのが分かりますか?
この正体、実は「コケ」なのです。
皆さんが思うコケが発生する場所は、日光が当たらないじめじめした場所にあるというイメージですよね。
「家の日陰部分はあるけど、なんでコケなんか…」と思う方も多いでしょう。
何故写真のように外壁にコケが生えてきてしまうかと言いますと、
紫外線や雨風の影響で外壁表面の塗膜が劣化して防水性(お水をはじく力)が低下するためです。
防水性が低下した外壁にお水がたまり、日中に蒸発できずコケが外壁に発生してしまうのです。
更に恐ろしい事態になると、外壁の中で体積が膨張して破裂する【爆裂現象】を起こすこともあります。
こうなってしまうと塗装だけで済む工事が、外壁の張替えになる場合もあり、予定よりも工事費用が多くかかってしまう事があります。

コケが発生は初期段階の劣化症状でもありますが決して放置せず、高圧洗浄でキレイに落とし、塗装で外壁の防水性を高めてあげましょう。

続いて外壁の目地部分を確認していきましょう。目地は外壁と外壁の間にあるコーキング(シーリング)と言います。
コーキングの大きな役割としてお家が揺れたときに力を分散させ、外壁材自体を傷めないという大切な役割を持っています。
確認してみると、外壁とコーキングの間に小さな隙間がありました。

コーキングは石油製品のため、紫外線に弱く新築から約10~12年で硬化して上記のような症状やひび割れが出てきます。

ひびが入ったり、隙間ができると雨漏りするから早く補修しないと!と思う方もいますが、
コーキングの下には防水シートが施工されているため、すぐに雨漏りが発生することはありません。
しかし、放置してしまうと、やがて防水シートも劣化していきますので雨漏りに繋がります。
雨漏りに繋がる前に、既存のコーキングを撤去し、新しいコーキングに打替えましょう。

このコーキングの劣化が確認できるという事は、外壁の劣化も進んでいるサインです。
ミヤケンのブログで何度もご紹介しておりますが、外壁の調査の際は「チョーキング現象」がないかを確認します。
チョーキング現象の確認方法は、指先で外壁をこするだけの、とても簡単な作業です。
こすってみると、チョーキング現象が確認できました。

これは、表面の塗膜が紫外線や雨風の影響で劣化し、外壁と同色の粉のようなものが付着してしまうのです。
今すぐに塗装をしなくては大変なことに!というわけではありませんが、このチョーキング現象は塗装メンテナンス時期の初期段階です。
お家を長持ちさせるためには、この初期段階のうちに塗装を施して外壁表面の防水性を高めてあげることが重要です。
劣化が進行する前に早めの塗替えをしましょう。

他にもお家に異常な箇所がないかの調査を行い、今回の現場調査が終了しました。
今回の現場調査では、お客様のお立合いなしでの調査でした。
ミヤケンの現場調査では、通常お客様お立合いのもとで調査のご案内をおすすめしておりますが、
現在新型コロナウィルス感染防止のため「なるべく人との接触を避けたい。だけど、お家を見てほしい」という方もいらっしゃいます。
ご希望の方にはお立合いなしでの現場調査も承っておりますのでお問合せ時にお伝えください!

 

無料お見積り依頼はこちら

TOP