群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

桐生市にてコロニアル屋根・モルタル外壁塗装の現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部滝川
営業部 滝川

営業部/2016年入社/愛知県新城市出身 18歳でミヤケンに飛び込み、工事部を経て営業部へ。工事部で生かした経験からお家の劣化に合わせた修繕工事をご提案します。童顔が悩み。

先日、桐生市相生町にお住まいのお客様より、
「屋根と外壁の汚れが気になるから塗装をしてほしい」とのお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。

初めに南面の屋根の状態を調査していきますと、全体的に色あせが確認できました。

色あせは紫外線や雨風の影響で、屋根表面の塗膜が劣化して発生する塗装メンテナンスのサインです。
逆に北面を見ていきますと、全体にコケが付着していました。特に天窓付近が目立ちますね。

防水性が低下した北面の屋根は南面と比べて、日中日が当たる時間が少ないため、
雨が降った時の雨水が日中に蒸発できず、雨が屋根に留まりコケが発生します。

このまま少し目線をずらして付帯部の破風板の調査をしていくと、塗膜のはがれが確認できました。

そのまま放置すると見た目が悪いだけでなく、破風板が破損して雨水が浸水し、建物内部を腐食させてしまう恐れがあります。
そうなる前に【研磨】(けんま)と呼ばれる、やすりのようなもので表面を整えてから塗装工事をすると
キレイな状態に戻りますので、屋根外壁塗装をする機会に一緒にメンテナンスすると良いでしょう。

続いては外壁の調査です。お客様が気にされていた汚れは配線下の部分です。

雨が降った時に配線に雨水が汚れと一緒に留まり、その汚れが下に流れて付着したものでしょう。
すこし、コケの付着も確認できますね。
屋根同様、防水性が低下している状態ですので塗装をして外壁の防水性を高めてあげましょう。

5年前に交換した雨樋も念のため、調査させていただきました。
雨樋のゆがみや金具の緩みなどはありませんでしたが、一部金具のへこみが確認できました。
お客様へご報告をして、今回は塗装工事で表面をする工事をご提案させていただくことになりました。

以上で今回の現場調査が全て終了しました。

ミヤケンではお客様のお家に合った塗装プランを3~5プランほどお出ししています。
塗料によっても、いろいろな特徴や性質があるため、今回は5プランのお見積り書をご提出することになりました。

屋根・外壁塗装はお家を綺麗にする・色を変えるというだけでなく、お家を守ってくれる大切な工事です。
「これはコケ?汚れ?どっちだ?」「調査と見積りだけやりたいけど平気かな」と思った時は、まずはミヤケンまでお問合せ下さい。

下記のオレンジ色のボタンから24時間、お見積り・現場調査のご依頼を受付中しています!

 

 

無料お見積り依頼はこちら

TOP