群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

コーキングが重要な理由について

この記事を書いた人
営業部澤井
営業部 澤井

営業部/2014年入社/高崎市出身 お客様にミヤケンでやってよかったと思えるよう、屋根の上も細かく確認しお家が長持ちする最適なプランをご提案しています。ペットはウーパールーパーの「はせがわさん」と「まつざきさん」。

サイディングやALCのお家には欠かせないコーキング
お家にどのような効果をもたらしているのか、ご存知でしょうか。
過去にも現場調査のブログでも紹介してきましたが、
今回は改めてコーキングの役割についてご紹介していきたいと思います。

≪コーキングとは?≫
コーキングとは、サイディングやALCの壁と壁の継ぎ目(隙間)にあるゴム状の部分の事を指します。
サイディングやALCはパネルを張り合わせて仕上げる外壁なので、そのパネルの間に隙間ができてしまいます。
その隙間を埋めるために使用されているのがコーキングです。
また、外壁同士の隙間だけでなく、窓・玄関まわり・サッシまわりやベランダ、
さらにお家の中のお風呂のタイルの目地や洗面台と壁面の取り合いなど、実はお家のいたるところに使用されているのです。

パッキンのような既製品ではなく、現場で充填し乾燥させます。
施工直後は粘度のある状態ですが乾燥することによって弾力がでます。

最近では、ホームセンターなどでも簡単に手に入れることが出来ます。
コーキングにも種類があり、用途によって使い分けが必要です。
そのためホームセンターで安いコーキングを使って外壁を補修したら内部に使用するコーキングだった、なんてことも少なくありません。

≪コーキングの役割≫
家のいたるところに使用されているコーキングですが、その主な役割多く分けて2つあります。

①水が建物内部に浸入することを防ぐ
外壁同士の隙間をコーキングで埋めることで、水の建物内部への浸入を防ぎます。
このコーキングが新築時やリフォーム工事の際にしっかりと施工されていなければ、写真のように外壁とコーキングの間に隙間が出来てしまうことがあります。


この状態では雨が降った時に雨水が隙間に入り込んでしまう危険性があります。
また、施工がしっかりされていても紫外線の影響をうけコーキングも必ず劣化します。

こちらの写真のようにコーキングの中央部分に亀裂がある場合には
経年劣化していますのでメンテナンス時期といえるでしょう。

②揺れに対する負荷を緩和する

家は地震などの天災、さらにはサイディングの収縮によって微かに動いています。
コーキングには、その動きに追随し、揺れを緩和させる役割があります。
さらに揺れによる外壁の割れや欠けてしまわないようにしています。

このように、サイディングのコーキングは建物を長持ちさせるために必要不可欠な役割を担っているのです。

≪まとめ≫
いかがでしょうか。
このように、サイディング・ALCに使われるコーキングは大切な役割を果たしているのです。
日常の中で、コーキングの状態を見ることってほとんどないですよね。
コーキングを使っているお家の方は、是非一度状態を見てみてください。
お家を長持ちさせるためにはご自分の家の状態を把握しておくことも大切ですよ!

メンテナンスが必要なのかな?どうすればいいかななど、困った時はいつでもお問合せください!
ミヤケンでは調査やお見積りは全て無料で承っています。

TOP