群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

コロニアル屋根・サイディング外壁の現場調査にお伺いしました |株式会社ミヤケン

staff blog

コロニアル屋根・サイディング外壁の現場調査にお伺いしました

この記事を書いた人
営業部澤井
営業部 澤井

営業部/2014年入社/高崎市出身 お客様にミヤケンでやってよかったと思えるよう、屋根の上も細かく確認しお家が長持ちする最適なプランをご提案しています。ペットはウーパールーパーの「はせがわさん」と「まつざきさん」。


今回は先日建物診断に伺ったお家のご紹介をいたします!!

 

今回のお家は築17年ほど経過しており、周りのお家が塗装をしているので、

うちもそろそろやらないといけないかなと思い、意を決してご連絡いただきました。

 

なかなか業者さんもたくさんいらっしゃる中で、どこの業者さんにお願いしたらいいのかも分からず、

近くでやっていたのを見てご連絡いただきました。

 

お悩みとしては、年数が経つのでそろそろ必要と思われていたことと、

屋根が少し黄色くなってきているとのことでしたので、その部分を中心に今回建物診断をおこないました!

 

それでは調査のご紹介をして参ります。


1145



mso-hansi-font-family:Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:

0pt">


mso-hansi-font-family:Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:

0pt">まずこちらが屋根の写真です。






mso-hansi-font-family:Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:

0pt">今回のお家はコロニアル屋根が使用されていました。






mso-hansi-font-family:Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:

0pt">コロニアル屋根は主成分がセメントになっており、


mso-hansi-font-family:Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:

0pt">経年劣化で表面の塗膜が劣化し、撥水性

"MS Pゴシック";color:black;mso-font-kerning:0pt" lang="EN-US">(

Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:0pt">水を弾く力

"MS Pゴシック";color:black;mso-font-kerning:0pt" lang="EN-US">)

Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:0pt">が低下していきます。



Arial;mso-bidi-font-family:Arial;color:black;mso-font-kerning:0pt">

"MS Pゴシック";mso-font-kerning:0pt" lang="EN-US">





2100



それにより、屋根材自体が水を含みやすい状態になるため、劣化がさらに進行していきます。





劣化の進行により屋根が黄色く見えてきます。これは苔(こけ)です。





苔(こけ)が生えてくることは劣化しているサインですので、メンテナンスが必要です。



特に北面は日が当たりにくく、水分を含んだ状態が長い間続くため、苔(こけ)が多く発生します。





日の当たりにくい北面に苔が多いということは、

日の当たりやすい南面なども劣化しているということになりますので注意が必要です。



ここから外壁の写真になります。





 









395








外壁はサイディングボードが使用されています。





現状では、表面塗膜の劣化により、外壁の色褪せや、場所によって素地が露出している部分がありました。





このボードの材質もセメントを主成分としているため、表面の塗装は重要です。






特に塗り直しが必要なタイミングは、

表面を触った際に色粉が手に着くような状態(チョーキング現象)が起こり始めた頃が塗装の時期と言われています。





この症状から状態に劣化が進行していきます。





 






4107



また、サイディングボードの外壁で、一番気をつけていただきたいのは、

こちらの写真のような外壁のつなぎ目にあるコーキングと呼ばれる部分になります。






この部分はお家の中に水を入れないように施行されているため、

この部分にひび割れや剥離が確認できると、雨漏りに繋がる可能性が非常に高くなります。





ここの部分はサイディングボードの外壁のお家で肝になりますので、しっかりメンテナンスする必要があります。





 





また、窓周りにも同様にコーキングが施工されております。





なかなか窓周りは確認しにくい場所ではありますが、

外壁目地が切れているお家は大抵は窓周りのコーキングも切れております。






外壁目地よりも、窓周りから雨漏りを起こすケースが多いため、特に注意が必要です。

建物診断の際は普段見えない細かな部分を特にしっかり見てもらってください。






建物で何か気になられることがありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。



 





TOP