群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

邑楽郡にて外壁の現場調査に行ってきました!

この記事を書いた人
営業部滝川
営業部 滝川

営業部/2016年入社/愛知県新城市出身 18歳でミヤケンに飛び込み、工事部を経て営業部へ。工事部で生かした経験からお家の劣化に合わせた修繕工事をご提案します。童顔が悩み。

今回は邑楽郡にて外壁の現場調査にお伺いしました。
外壁のゴムの部分がひび割れてきたいので見て欲しいと言うことでお問い合わせをいただきました。
実際に現場調査を始めると全体のコーキングが傷んでいることが確認できました。

他のコーキング部分では、
写真で青いシート(防水シート)がむき出し状態になっていました。

このコーキングは、サイディング外壁のメンテナンスを行う上で最重要項目になってきます。
なぜコーキングが重要かといいますと大きく分けてコーキングには2つの役割があるからです。

まず1つ目は地震等でお家が揺れ外壁材と外壁材がぶつからないように、このコーキングがクッションの役割を果たし、力を逃しています。
このコーキングがなくなると外壁材と外壁材がぶつかり合い外壁材の破損につながります。

そして2つ目の理由はお家の中に水を入れないと言う役割があります。
サイディングボードはパネルとパネルを組み合わせた外壁材になりますので、間に隙間ができるとその隙間から水が浸入します。
そのためコーキングが劣化しひび割れ等を起こすとお家の中に水が侵入する場合がございます。
特に窓周りそして窓上のコーキングに関しましては雨水が入りやすくなりますので注意が必要です。

この状態はお家の劣化を早めてしまいますので早めのメンテナンスが大切です。

次に外壁の表面の状態も確認していくと、チョーキング現象が確認できました。
紫外線などにより、塗膜が粉状に劣化することをチョーキング現象といい、
こちらも塗装の目安の1つです。
緊急性は今回ご紹介したコーキングよりも低いですが、
塗装をご検討される際には覚えておくとよいでしょう。

ミヤケンの現場調査では、普段見れなないところまで確認をさせていただきますので、
今まで気づかなかったところなどの発見もあるかもしれません。

 

もし、屋根や外壁の塗り替えで困っていることがあればお気軽にお問い合わせください。
専門スタッフがお客様のお家の状態をしっかりと調査いたします。

TOP