群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

館林市にて塗装セミナーに参加したお客様より外壁現場調査のご依頼をいただきお伺いいたしました。 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

館林市にて塗装セミナーに参加したお客様より外壁現場調査のご依頼をいただきお伺いいたしました。

この記事を書いた人
営業部滝川
営業部 滝川

営業部/2016年入社/愛知県新城市出身 18歳でミヤケンに飛び込み、工事部を経て営業部へ。工事部で生かした経験からお家の劣化に合わせた修繕工事をご提案します。童顔が悩み。

外壁のひび割れが気になるので調査をしてほしいとのお問合せがあり、現場調査にお伺いしました。
今回はその調査の様子をご紹介いたします。

お客様が一番気になっている部分は浴室の窓の下の外壁の剥がれでした。
素地の部分がむき出しになっていてお水が入るのではないかと心配になり、テープで補修を行っていました。

この外壁の剥がれの原因はおそらく「凍害」が考えられます。
凍害とは、外壁に含まれた水分が凍結し、膨張することにより外壁を傷めてしまうことを言います。
外壁がお水を含む状態になるのは塗膜の劣化やひび割れから起こります。
今回のお家の場合には範囲が少ないことと、目立ちにくい面ということもあり補修をすることができますが、
場合によってはサイディングの貼替工事が必要になる場合もあります。

さらに外壁の調査を進めていくと、外壁の色が大きく違い、さらになにかの部品の残りが外壁についていました。

おそらく、エアコンの入れ替え工事によるものと考えられます。
エアコンを新しく交換したり、位置を変更した場合に数年前、もしくは数十年前の外壁の色が劣化せずにそのまま残っていることが多くあります。
塗装工事の際に足場を立てて部材を取り外し、補修が必要な部分も対応することができるので、
外壁塗装のタイミングで外壁に接するエアコンや給湯器の交換工事はおすすめです!

今回のようにお家の劣化状態が目に見えているときは劣化が進む前にご相談ください。
早めのメンテナンスで費用が少なく済む場合があります!
ミヤケンでは現場調査・お見積りも全て無料で行っておりますのでお気軽にお申込みください!
ただいま、創業20年の還元プレゼントとしてお見積り依頼で魚沼産コシヒカリを進呈中✨
ぜひこの機会をお見逃しなく!

無料建物調査・お見積りはコチラ 

TOP