群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

断熱ガイナ塗料のメリットデメリットご紹介 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

ガイナの塗料の特徴とメリット・デメリットについてご紹介します!

この記事を書いた人
営業部滝川
営業部 滝川

営業部/2016年入社/愛知県新城市出身 18歳でミヤケンに飛び込み、工事部を経て営業部へ。工事部で生かした経験からお家の劣化に合わせた修繕工事をご提案します。童顔が悩み。

最近、日に日に寒さが厳しくなってきていますね。
「お家がさむいからどうにかならないかなぁ」なんて考えている方にピッタリな塗料が「ガイナ」です。
ガイナとは日進産業から販売している高性能断熱塗材です。
「高性能断熱塗材」がどれだけすごいかというと宇宙航空研究開発機構(JAXA)の技術を住宅塗装に応用したものです。
住まいに塗るだけで、断熱を可能にしたほか、遮熱・結露防止・防音・防汚・空気質改善など、15に及ぶ機能を発揮します!
今回は、断熱効果に優れたガイナの特徴、メリットデメリットについてご紹介いたします。

ガイナ塗料の特徴

①断熱性に優れている
・冬に屋内の熱が逃げにくい
・夏に屋外の熱が侵入しにくいという効果を期待できるのです。

また、ガイナには外壁塗装用の塗料だけでなく内装用塗料もあり、外壁だけでなく室内にも塗装することで断熱効果を高めることができます。

②遮熱性に優れている
外壁塗装における遮熱効果とは太陽光の赤外線を反射して熱の発生自体を抑える機能のことを指し、
遮熱効果が高い塗料で塗装された外壁や屋根は日光が長時間あたっても高温になりにくいという性能があります。

③防音性・遮音性優れている
ガイナによる塗装を行った外壁の表面には特殊セラミックビーズが密集しており、
これが音の振動を分散させてくれるため、自動車のエンジン音や人の話し声など、
外部の不快な雑音を低減するという効果があるといわれています。

一般的な塗料は、
「表面をきれいにする」、「外壁の防水性を高める」
「外壁を長持ちさせる」、「サビから守る」などの効果がありますが、ガイナ塗料はワンランク上の優れた塗料なのです!

続いてはメリットについてご紹介していきます。

 

ガイナ塗料のメリット

①消臭効果が高い

ガイナ塗料の特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂により、親水性効果と防汚性、
高い帯電防止性を発揮する事で、防汚性に富んだ塗膜を形成することができます。
また、ガイナ塗料に含まれている特殊セラミックは、
空気中に浮遊する有害物質や独特の嫌な臭いを中和し、消臭する機能があるのです。

②除菌効果が高い

ガイナ塗料で作った塗膜は、水蒸気や空気を効率的に通す事が出来る塗膜ですので、
外壁に塗布すると呼吸する壁となります。
余計な菌が発生しにくい住空間とし、衛生的な空間とする事が出来ます。

③カラーバリエーションが豊富

ガイナ塗料は、基本のカラーバリエーションが52色ととても豊富です。
全部で200色以上のカラーに対応が出来ますので、お客様のお好みのカラーで塗装工事が出来ます。

ガイナ塗料のデメリット

①一般塗料に比べて高額
ガイナの1㎡あたりの施工単価は、
外壁や屋根の塗装リフォーム塗料として現在最も人気がシリコン塗料と比べて約1,500円高いのです。
機能や耐久年数が別格ですので費用だけでなく、ランニングコストも考慮しましょう。

②仕上がりはマットな仕上がりに
外壁の塗料には、ツヤあり・3分ツヤ・ツヤ消しなど、ツヤ(光沢)の度合いを選択できる塗料が多くあります。
しかしガイナはツヤ消しの仕上がりのみです。

もちろん、ツヤのない外壁は落ち着いた質感があるとして人気で、ツヤはないほうが良いと考える方もいますが、
ツヤには、汚れをつきにくくする、ツヤがある方が塗料が長持ちである傾向があるなどの特徴もあります。

③汚れが付着しやすい
「ガイナはツヤがない」の項目でも少し触れましたが、
ガイナを塗装した後に形成される外壁はざらつきのあるものです。
そのためその凹凸に雨だれや土ぼこりなどの汚れが付着しやすいのです。

まとめ

いかがでしょうか?
ガイナ塗料は本来の機能・性能を十分に発揮させるためには適切な施工が不可欠です。
そのためガイナによる塗装を依頼する業者を選ぶ場合、ガイナの仕様書の知識を持っているだけではなく、
その地域のガイナ塗装の施工実績が豊富で、ガイナの取扱いに慣れた業者を選ばなければならないのです。

ミヤケンは、高い施工品質が認められ、ガイナを施工できる特約店に認定されています。
ガイナ塗料の施工実績物件はコチラ

お見積りは完全無料で行っておりますので、
是非お気軽にお問合せください!

無料お見積り依頼はコチラ

TOP