群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

高崎市飯塚町で雪による瓦の調査に伺いました

この記事を書いた人
営業部福田
営業部 福田

営業部/高崎店店長/2013年入社/前橋市出身 日商簿記2級など経理の資格を多数保有しているため数字に厳しく正確なお見積りを最適プランでご提案しています。好きなことはツーリングと子育て。

今回は屋根の調査に伺いました

瓦屋根の状態が不安であることと


大雪の際に瓦にどのような影響があるのか
点検も含めて屋根にあがらさせていただきました


IMG_3564
下屋根が大きくでているために

雪の落下による影響もあります

まずは屋根に上がっていきたいと思います


IMG_3599
すぐに目に付いたのは

漆喰と呼ばれる

瓦の隙間に入れかまれているものです

こちらは各所にポロポロと落ちており

棟瓦のゆがみや漏水につながるケースがあります

そしてこの漆喰の奥には粘土が盛り込まれています

この粘度が雨水の影響を受けて流れ出すことでトラブルが起こります



そのほかにも

IMG_35885


瓦のズレです

瓦のズレは屋根全体のゆがみにも影響してしまうケースがあります

もしくはこの写真の位置ですと

この瓦がずれていたり、隙間が空いていると

台風のような吹き込む雨の場合に1階への雨漏りなどにつながるケースがあります

そのならないためにずれたところの修繕とその瓦の奥の状況も確認しておきましょう!!



次にコチラ


IMG_3597

こちらも瓦のズレです

こちらは2階の外壁付近ですが


こちらのずれは大きな問題はありません

この瓦の下には防水シートと板金が重なり合っているため

めったなことでは雨漏りしないでしょう

しかし

しっかりと組まれていない瓦などは

突風などで飛ばされてしまうこともあります

その結果、外部へ危害をくわえてしまう可能性もあります

しっかりとずれは直しておきましょう


そしてコチラ

IMG_35924


瓦の割れです

これはすでに穴が開いており、このままの状況は
良くないでしょう

雨が降っていればそのまま下地に雨水が侵入している状態です


しかし

このような瓦の割れ方は本来しません

ではなぜ?

割れてしまったのかを考えて

周囲を見渡すと・・・・・


コチラでした
IMG_35951


2階の屋上の屋根材が一部ありません!!

おそらく

このなくなっている瓦が落下したときに割れたのでしょう


この部分も雨水が直接入り込んでしまいますので

修繕しておきます


パッと見の瓦屋根は大きな傷みはわかりません

ですが実際に上がってみることでみえてくることも多いのです


屋根のことでご心配などありましたら

まずは無料点検をご利用ください!!
TOP