群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

staff blog

前橋市市内 屋根の色あせ&外壁のひび割れの調査を行いました!

この記事を書いた人
営業部大谷
営業部 大谷

営業部/2018年入社/みなかみ町出身 お客様のためならどんなことでも力になりたい、熱心な勉強家。趣味はミヤケンで働くこと。実は大学時代のミスターに選ばれた経歴を持つ。

前橋市内で現場調査に伺いました。

屋根の塗装をご検討とのことで現場調査に伺ってきました。

早速、屋根を調査します。南面がこちら、

1162

紫外線の影響による色褪せが顕著に見受けられます。

白っぽくなっているところは塗膜の劣化により、セメントの素地が露出しつつある箇所です。

この屋根材はコロニアル瓦と言ってセメントを圧縮して作られたものになります。

瓦自体に撥水性はなく、水を染み込ませてしまいますが、

表面を塗装することによって撥水性、防水性を保っている瓦です。

塗膜の劣化によってセメントの素地が露出しているということは、

水が染み込んでしまう状態です。

水が染み込めば………

皆さんもお気付きの通り、コケが発生します。

コケだけを見れば美観性の問題ですが、なぜコケが生えてしまうのか、

そこから考えられる瓦の状態は見た目以上に深刻な問題だと言えます。

2120
 
続いては外壁の調査をしていきましょう!
3120

外壁も紫外線の影響によって色褪せが目立ちますが、外壁の色褪せ自体は見た目の問題であり、

あまり大きな問題ではありません。

しかし、外壁も屋根同様に、色褪せつまり塗膜の劣化が進行しているということは、

外壁材の水はじきが低下しているということになります。

外壁材が水の吸収や乾燥、

また染み込んだ水分の凍結による膨張などによってこのように、

4118

大小、ひびが発生してしまいます。

この様に色褪せはただ、色が褪せているでは終わらず様々な劣化症状を引き起こしますのでご注意ください。

LINEでのご相談・御見積ご依頼も受付中です!

詳しくはコチラをクリック!

 

ミヤケン 大谷

TOP