群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

塗装した外壁が膨れてきた、考えられる原因は? |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

塗装した外壁が膨れてきた、考えられる原因は?

この記事を書いた人
営業部森下
営業部 森下

営業部部長/2009年入社/前橋市出身 一級建築塗装技能士の資格と元職人の経験と知識を生かし、お客様に安心を提供します。趣味はピアノと芝刈り。

外壁には塗装が施されているものですが、なぜか膨らんで見える部分が見つかることもあります。
これは、様々な原因によって塗膜が膨れてしまうことで起きてしまうものです。
では、どのような原因により塗膜が膨れてしまうのでしょうか?
今回は塗装した外壁が膨れてしまう原因についてご紹介しましょう。

■膨れが発生する主な原因

塗装した外壁に膨れが発生する原因がいくつか存在しています。
どのような原因があるのか、解説していきましょう。

・雨水の侵入
雨水が外壁と塗膜の間に入り込んでしまうことで膨れが発生してしまうことがあります。
通常であれば塗膜があるので外壁の中に雨水が侵入してしまうことはないのですが、塗膜の経年劣化によって機能が弱まっていたり、外壁そのものにヒビが入ってしまったりすることで雨水の侵入を許してしまうのです。
雨水が入り込むと膨れが発生して外観が悪くなることはもちろんですが、建材が腐ってしまい耐久度が落ちたり、腐った建材にシロアリが集まり食害を被ったり、あるいは雨漏りを引き起こす可能性もあるので注意が必要です。

・溶剤系塗料が完全に乾燥していなかった
下地に溶剤系の塗料を用いた時、普通はきちんと乾燥させてから上塗りを行うのですが、乾燥が十分でない状態で上塗りされてしまうこともあります。
乾燥が十分でない状態で上塗りしてしまうと、気温や日光の熱によって下地の溶剤が揮発し、上塗りした塗膜を押し上げて膨れの発生につながってしまいます。

・下地がちゃんと塗れていなかった
下塗りの段階で下地がきちんと塗れておらず、細かい穴が見られる場合、ここから空気や湿気が上塗りした塗膜を押し上げてしまい、膨れが見られます。
この場合の膨れはまるで泡のように細かい膨れとなっており、見た目もよくありません。
リシンやスタッコ仕上げなどの凹凸がある外壁塗装なら少し目立ちにくくもなりますが、やはり細かい膨れは気になるものです。
また、細かい膨れは割れてしまうこともあり、塗装の劣化を早めてしまう恐れがあります。

・蓄熱水蒸気膨れ
蓄熱水蒸気膨れとは、外壁塗装の際に内側に溜まっていた水分が日光などの熱によって気化され、塗膜を押し上げることによって発生する膨れです。
塗った直後は特に問題ないのですが、しばらくしてから同じ場所を見ると膨れが発生していたというケースが多く見られます。
蓄熱水蒸気膨れは、主に下地に弾性塗料を使用することで起きやすい膨れです。
また、外壁塗装時に古い塗膜を剥がしてから下地を塗る作業に移るのですが、古い塗膜の剥がしが十分でなかったり、剥離不足が生じていたりする場合には蓄熱水蒸気膨れが発生しやすくなります。

・カビ
かなり年数が経っている塗膜の上から新しい塗料を塗り重ねた場合、その間にカビが発生する恐れがあります。
カビは塗膜の剥がれにつながってしまうだけでなく、膨れの原因にもなるので注意が必要です。
塗膜の剥がれと膨れが同時に発生している時は、早めに外壁塗装のメンテナンスを実施しましょう。

■屋根にも膨れが発生する!

膨れは外壁に限ったことではなく、屋根にも発生するトラブルです。
屋根に膨れが発生している場合、原因として考えられるのは、古い塗膜剥がしが十分でなかったことや下塗りがきちんと塗れていなかったこと、スレートの間が塗料で埋まってしまうことです。
塗膜剥がしと下塗りが十分でなかったことに関しては、外壁の膨れと同様の仕組みで膨れが発生してしまいます。
スレートの間が塗料で埋まってしまうことに関しては、一般的に屋根のスレートは重なるように設置されており、隙間をわざと作っています。
しかし、屋根塗装を行った後に縁切りを行わないことで塗料がスレートの隙間が埋まってしまい、中に閉じ込められていた湿気が熱によって気化され、塗膜を膨れ上げてしまうのです。
新築であれば塗料によってスレートが埋まってしまう心配はないのですが、メンテナンスとして屋根塗装を行った際には注意しなくてはなりません。

■膨れは放置せず、すぐに外壁塗装業者へ!

外壁や屋根の膨れを放置してしまうと外観が悪くなってしまうことはもちろんですが、他にもデメリットが見られます。
例えば、どんどん膨れが広がるとそこから塗膜が剥がれやすくなってしまいます。
塗膜が剥がれてしまえば、外壁塗装の目的である雨水の侵入を許してしまい、雨漏りや建材の腐食による耐久性の低下やシロアリの食害増加になってしまうでしょう。
膨れは単に見た目が悪くなるだけと考え、面倒だからと放置してしまう方も多いかと思いますが、膨れを見つけた時点で早めに外壁塗装業者へ連絡するようにしましょう。

外壁の膨れは様々な原因から起こり得ます。
経年劣化で起きてしまう場合もありますが、施工不良によって発生する可能性が高いので、膨れを未然に防ぐためには信頼できる外壁塗装業者に相談することをおすすめします。
もしも膨れを発見したらそのまま放置せず、実績豊富な外壁塗装業者に依頼し、早めに修復を行うようにしましょう。

TOP