群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

屋根・外壁のほかに塗装したほうがいい部分とは? |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

屋根・外壁のほかに塗装したほうがいい部分とは?

この記事を書いた人
営業部田中
営業部 田中

営業部/2018年入社/沼田市出身 小工事から大規模な工事までお客様のご要望に応じてプランを作成・ご納得のお引き渡しを目指します。趣味は野球観戦。無類の洋服好き。

外壁塗装をご検討の際に、「外壁だけ塗装すればいいよ」という考えの方もいらっしゃいます。
もちろん間違いではございません。
ですが、私たちは塗装のプロ集団です!
今回は、外壁以外にぜひ塗装を検討いただきたい部分についてご紹介します。

まず一つ目は雨どいです。

写真のように、外壁でもよく見られるチョーキングと言われる現象が起きています。
雨樋は簡単に言えば、プラスチックと同じ性質を持っている素材が使われているため
長い間紫外線にさらされると硬化・劣化してきます。
例えば、長い日数、外に置いておいたジョウロです。
しばらく使わないでいて、いざ使おうと思ったら硬くなって割れてしまった。という経験をされた人もいらっしゃるのではないでしょうか。
ちなみに破損してしまった場合は雨どいの部材交換工事になりますので、費用は塗装の3倍近くになってしまいます。

二つ目は、破風板です。

上の写真の灰色の部分です。雨樋の裏にもある板の事です。
こちらは、文字のごとく風にも雨にもさらされる部分ですので、場合によっては外壁よりも傷んでいる事があります。
破風板は、劣化が進むとつなぎ目に隙間ができ、雨水がお家の中に侵入、その後雨漏りを引き起こしてしまう事があります。
写真の状態であれば、研磨をして塗装してあげれば、問題ありません。
しかし、劣化が進んでしまった場合、大工工事をして破風板を交換するケースや今の破風板の上から板金を貼るケースなど、
塗装工事以上にコストが大きくなることが実際にございます。

三つ目は、軒裏天井です。

屋根の下の天井、ベランダ下の天井、玄関上の天井。
様々なところが軒裏天井と言われています。
軒裏天井は、おうちの中の湿気を逃がす役割がありますので、黒いシミになっていることもあります。
心配される方も多いのですが、
軒裏天井としての機能をしっかりと果たしている、という証拠になりますので心配は要りません。
ですが、表面の塗装の劣化を放置すると、ベロベロに剥がれてしまったり、穴が空いてしまうことがあります。
そのような場合には、張り替えや上貼りといった大工工事が必要になってきてしまいます。

 

基本的には、上記の三ヶ所を外壁と一緒に塗装することをお勧めしています。

他にも雨戸や戸袋、

水切りといった箇所の塗装を、ご要望や必要に応じてお勧めしています。

外壁も綺麗にするのであれば、お家全体を綺麗にしましょう!
塗って意味のないところはございませんので、気になる方はぜひ「ここも塗れるの?」と聞いてください。
素材によっては塗装をお勧めしない部位・素材もありますが、聞いてみて損はございませんので、お気軽にお問い合わせ下さい!

もちろん部分塗装も大丈夫ですよ!

TOP