群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

ミヤケン20周年ロゴ

関連
サイト

MENU

blog

前橋市へ外壁の汚れが気になるとのことで塗装のお見積りにいってきました

この記事を書いた人
営業部吉田
営業部 吉田

営業部/2019年入社/高崎市出身 お客様との出会いを大切に。大切なお家の塗替え工事のお手伝いを精一杯させていただきます。 以前は某バイク用品店の整備士から管理をしていた。趣味は、ドライブでアウトドアを楽しみたい。

初めまして!営業部の吉田(よしだ)と申します。
今回、初めてのブログを書かせていただきます。まだ不慣れな所があるかと思いますが、最後まで見ていただけるととても嬉しいです!

さて、私の記念すべき第一回目の記事は、
先日、前橋市平和町にお住まいのお客様から「外壁の汚れがある」とのお問い合わせをいただき、
現場調査に行ってきましたので、その時の調査の様子をご紹介していきたいと思います。
今回のお家ではALCが使用されており、お家を建ててから約15年以上たっているとのことでした。
新築から15年となると、塗装メンテナンスの目安時期になりますので、ちょうどいいタイミングでお問い合わせをくださいました!
それでは早速外壁の汚れの部分を見ていきましょう。すると、薄いグレーのような汚れと外壁の色あせが確認できました。

外壁はお家を建ててからずっと天候の影響を受けておりますので、どうしても汚れがついてしまいますよね。
お客様は「色あせとか汚れたら塗装する」という意味で、お問い合わせをくださいましたが、そのお考えは正しいです!
しかし、その汚れがついたり、色あせをしてしまうのには理由があります。
それは、外壁表面の塗膜が劣化しているという事です。
「じゃあどうやって劣化している状態を確認するの」と言いますと、指先で外壁を触って「チョーキング現象」の有無を確認します。

チョーキング現象とは外壁の塗膜がチョークの粉のようなものになって指先に付着することをいいます。
こちら外壁は初期の劣化症状です。
すぐに塗装をしなくてはいけないわけではありませんが、
チョーキング現象が現れた段階で塗装を施して外壁表面の防水性を高めてあげることが重要です!

外壁の色褪せのほかに異常がないかを確認していきますと…外窓のすぐ下の目地に小さな隙間がありました。

外壁からの雨の侵入を防ぐためのコーキングと呼ばれるとても大切なものです。
しかし、色褪せと同じく紫外線や雨風の影響で劣化していきます。
特に軽量コンクリートのALCは小さな気泡がたくさんあり、スポンジのようなつくりをしています。
塗装ができていない部分やひび割れたところはスポンジのように水を吸い込むということです。
外壁がお水を吸収すると、次第に外壁自体がとても脆(もろ)くなり、崩れやすくなってしまうのです。
崩れてしまった外壁の修繕は塗装工事よりも手間と費用も掛かってしまいます。
そのためそのまま放置せず、早めにコーキングの増し打ちを行い、塗装で外壁の防水性を高めるといいでしょう。

以上で今回の現場調査が終了しました。
いかがでしたでしょうか?うまく伝えられたか少し不安ではありますが、「こういった症状が出たら相談しないとなんだな」と分かっていただけたら幸いです。
塗装工事は、ただお色を変えるというだけでなく、お客様のお家を長持ちさせる大切な工事になりますので
何かお困りのことがございましたら、お気軽にミヤケンまでお問合せください!
お見積りの作成や現場調査も全て無料で行っております。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

お見積り依頼はこちら

TOP