群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

太田市にて屋根外壁塗装工事のお問い合わせをいただき現場調査に行ってきました。 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

太田市にて屋根外壁塗装工事のお問い合わせをいただき現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

先日、太田市安養町にて屋根外壁塗装工事のお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。

今回のお家の屋根は、モニエル瓦でした。
まず気になったのは屋根全体の色あせとコケの付着です。
南面は色褪せが顕著にでていますがお水のたまりやすい軒先にはコケが確認できます。


日当たりの悪い北面ではコケがさらに多く確認できました。

コケが発生しているということは、常に湿気た状態のため、防水効果がなくなっている証拠です。
塗替えを検討する時期としてはとてもよいタイミングです。

続いては外壁の調査です。
外壁の表面をさわってみると、「チョーキング現象」が確認できました。

チョーキング現象とは、塗装が紫外線などで粉状に劣化することを指します。
外壁の防水機能が低下しているサインです。屋根同様に塗替えの時期といえます。

外壁の調査でもう一つ気になったのが、コーキングの劣化です。
コーキングとは外壁の目地に施工されており、お家が揺れた際に力を分散させる役割があります。

写真のような状態ですと雨が降った時に、
じわじわと雨が外壁の中に侵入して雨漏りを引き起こしてしまいますので、早めのメンテナンスが安心です。

今回、モニエル瓦屋根とサイディング外壁の現場調査の様子をご紹介いたしました。
お客様のお家によって劣化状況は異なりますが、
自分の家が今どのような状態なのかを判断をするのは難しいと思います。
ミヤケンでは塗装専門スタッフが調査し、結果も分かりやすくご説明します!
調査や見積りだけでも大歓迎です!

是非お気軽にご相談ください。

TOP