群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

桐生市にて屋根塗装のお問い合わせをいただき現場調査に行ってきました。 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

桐生市にて屋根塗装のお問い合わせをいただき現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

先日桐生市相生町にて屋根の色あせが気になるとのお問い合わせをいただき、現場調査に行ってきました。
今回のお家の屋根は、トタン(金属)が使用されておりました。
早速調査を始めていくと最初に目についたのは屋根全体の色あせです。

色褪せは見た目が良くないという事もありますが、
色あせによって屋根の水をはじく効果のある塗膜がなくなり、水が侵入しやすくなってしまうのです。
特にトタン屋根の場合には塗装が劣化してくるとサビが出てきます。

今回のお家でもサビが確認できましたが、
サビは屋根事態を傷めてしまいますので腐食が進めば穴が開いてしまうこともあります。
穴が開いてしまった場合には、塗装工事では補修ができませんので屋根の張り替えやカバー工事が必要です。
張り替え工事やカバー工事となると塗装工事の1.5倍以上の費用がかかります。
そのため、費用を抑えたい場合には、メンテナンスを定期的に行うことが重要なのです。

さらに調査をしていくと、気になる箇所がありました。
それは継ぎ目を補修したコーキングの劣化です。
雨漏りなどの応急処置で使用されるコーキングですが、コーキングも紫外線の影響を受け、劣化していきます。
劣化してコーキング表面にヒビが入り、雨水がじわじわと侵入して雨漏りにつながる可能性があるのです。


屋根の状態を確認するのは非常に難しいことです。
少しでも気になる事があれば、専門店のミヤケンにすぐにお問合せください。
建物診断やお見積りの作成は無料で行っています!

TOP