群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

足利市にて屋根外壁塗装のお問い合わせをいただき現場調査に行ってきました。 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

足利市にて屋根外壁塗装のお問い合わせをいただき現場調査に行ってきました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

今回は足利市鹿島町にて屋根外壁塗装工事のお問い合わせをいただき、
現場調査に行ってきました。
今回のお家の屋根は、コロニアルが使用されております。
南面の屋根をチェックしていくと、コケの付着が確認できました。

コケや藻(も)が発生してしまうと、防水効果がなくなっているサインです。
屋根材がお水を含みやすい環境をそのままにしてしまうと、
本来塗装工事で済むメンテナンスも葺き替えやカバー工事しかできなくなってしまうため工事費が大きくなる場合があります。
そのため、劣化が進む前の早めのメンテナンスが「費用がかからない」とも言われているのです。
先延ばしにせずに早めの対応をすることが大切です。

続いては外壁の点検をしていきます。
今回のお家ではALC(パワーボード)が使用されていました。
外壁の表面を触ってみると、白い粉のようなものが指先に付着しました。

白い粉の正体は「チョーキング現象」と言い、雨や紫外線によって粉状になった塗膜です。
メンテナンスの目安として覚えておくとよいでしょう。

チョーキング現象よりも気になったのが、外壁のひび割れです。
ひび割れもこのまま放置してしまうと、
外壁の下地や防水シートが劣化し雨漏りに繋がってしまいます。
お家を長持ちさせるためには、早急にひび割れの補修と一緒に塗装工事をすることをおすすめいたします。

外壁工事のほかにも、雨樋のゆがみが確認できました。

このままの状態ですと大雨が降った時に、
うまくお水を流すことができないため、雨樋から雨水があふれてしまいます。
あふれた雨水が軒裏天井の裏に回って雨漏りしてしまう可能性もありますので交換をおすすめします。

以上で診断・お見積りが終了しました。
ミヤケンでは塗装工事の他にも雨樋の交換も行っております。
お家を長持ちさせるためには「まだ持ちそうだから大丈夫」と思わず、
今のお家がどのような状況なのかを知ることが重要です。

お客様のお家が早急なメンテナンスが必要なのか、そうではないのかをしっかりと調査させていただきますので
お家の状態が気になる方は一度ミヤケンにご相談ください。

TOP