群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

佐野市にて築30年のお家の塗装お見積りに行ってきました! |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

佐野市にて築30年のお家の塗装お見積りに行ってきました!

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

佐野市のお家に現場調査にお伺いしました。
築年数は30年経過しており、今回が初めての塗装のご検討ということです。
屋根材は和瓦と鉄板屋根、外壁材はサイディングが使われております。
お客様が今回お問い合わせいただいたきっかけは、サイディングの目地にあるコーキング材の劣化を心配されてとのことでした。
特にお家の立地上東面の日当たりが良く、東面のコーキングが気になるとのことでした。

コーキング材は、可塑剤という成分が含まれており新しい状態であれば、弾力性が非常に高いものになります。
身近なもので言えば、輪ゴムと同じようなものです。
外壁材と外壁材の隙間を埋めるための水密生を高める役割、建物の揺れを吸収する緩衝材の役割を果たしております。
その為、コーキング材が劣化してしまいますと、外壁材が劣化したり、雨漏りをしてしまったりします。
こちらのお家では、東面の状態が特にひどい状態でした。

コーキング材が完全に落ちてしまい、下地が露出してしまっています。
この状態で、強い雨が吹き付けると雨漏りに繋がる可能性もありますし、
外壁の厚みの部分はセメントが露出していますので、ここから外壁材が雨水を吸い込んでしまいます。

さらに外壁材が雨水を吸い込み、その後乾燥し繰り返すことで外壁材の反りが発生してしまいます。

外壁材の反りが発生しますと、ビスで反りを戻すことができますが、
反りが大きくなってしまいますと、外壁材自体の張り替えなども考えなければなりません。
その為、コーキング材が劣化し始めている際は早めに修繕を行った方がメンテナンス費用が安く済むのです。
そして、コーキング材の劣化において最も雨漏りに直結しやすい部分としていわれているのは、窓の上端です。


窓の上端のコーキングは外壁目地と違い横方向に向かってコーキングが充填されている為、
劣化して亀裂が入ってしまった際に、雨水の影響をより多く受けてしまいます。
窓の上端に関しては普段なかなか目の届かない部分になりますので、業者に診断を依頼した際は必ず確認してもらった方が良いでしょう。

サイディングの外壁材が使用されているお家にお住いの方は、是非一度ご自宅のコーキング材の状態を確認してみてください。

 

TOP