群馬実績No.1屋根外壁塗装 塗り替え外装リフォーム ミヤケン

玉村町で屋根外壁塗装の現場調査に伺いました。 |株式会社ミヤケン

関連
サイト

MENU

staff blog

玉村町で屋根外壁塗装の現場調査に伺いました。

この記事を書いた人
営業部原田
営業部 原田

営業部主任/2014年入社/玉村町出身 息子のように想っていただけるよう見積りから工事お引き渡しまで丁寧に対応します。自他ともに認めるほんわかした性格。サッカー好き。

玉村町にて、一般住宅の現場調査に伺いました。屋根にコロニアル、外壁にモルタル使われている住宅です。
築年数は20年を超えており、中古住宅でご購入されたということでした。
塗装の経験はなく、築年数が経過してきたので、お問い合わせいただきました。
お客様は、外壁塗装をご検討されており、屋根は予算によってはやらないと言うことで、
ご要望をいただき、調査をさせていただきました。
当社では、高所カメラを使用しながら、屋根の調査から、外壁の調査を行なっていきます。

こちらは屋根の南面の写真です。

屋根の状況としては、屋根の表面の塗膜が劣化していて、色褪せが起きております。
南面は、紫外線の影響を強く受ける為、より塗膜の劣化が顕著に出ております。
そして、コロニアルはセメントが主成分となっております。
その為、表面塗膜が劣化しますと、そのセメントの素地が露出してきます。
こちらのお家は、セメントの素地が露出しコロニアル自体が雨水を吸収しやすくなっております。
雨水を吸収するようになりますと、屋根材自体が割れやすくなってしまったり、反りが出てくるなど、
屋根材自体の耐久性が低下します。その為、このような状態になりますと、塗装が必要になります。

続いて北面の屋根写真です。

北面はの屋根は南面の状態とはまったく異なったものになっていることが写真から分かると思います。
北面の環境は南面に比べ日当たりが悪く、紫外線の影響は少ないです。
その為、塗膜の劣化の進行が南面と比べると遅くなっております。
ただ、日当たりが悪いと言うことは、塗膜が劣化し、屋根材が雨水を吸収するようになってしまいますと、
雨水が乾燥しにくくなります。
つまり、湿気がこもりやすくなってしまい、写真のようにコケが発生してしまうのです。

その為、写真のように北面の1階が特にコケの発生が顕著に確認できるようになります。
多くのお客様が屋根の塗装を検討される際は、このようなコケが発生している状況をみて、
お問い合わせをしてくださる方が大半です。

今回のお客様に関しても、今回の診断写真を見ていただきましたら、
屋根の塗装はやると言ってくださいました。
屋根は普段見えないところだからこそ、このような調査が必要だと思います。

また、屋根の診断の際に見るポイントは写真にある棟板金も重要です。

棟板金は表面の塗膜の色褪せではなく、板金自体が浮きが出てきているかが重要です。
以前の群馬での強風があった際には、こちらの棟板金が飛んでしまうお家が沢山ありました。
飛んでしまったら、二次被害が出てしまう事がございますので、是非注意してください。
屋根は雨漏りにも繋がる部分となりますので、診断を行うことは非常に重要です。
是非ご相談ください。

TOP